コジシゲさんがちゃんと結果を出せる男で良かった

今日、札幌でデビュー戦を迎えたコンダクトレスは見事に優勝、新馬勝ちを決めてくれました!

26日の札幌競馬ではまずまずのスタートから好位の後ろの内々を追走。3コーナー過ぎから追い出されるとジリジリとしぶとく伸びて優勝。
「初めての実戦ということもあって、道中はかなり物見をしたり砂をかぶって嫌がったり集中できていないところはあったのですが、直線はしぶとく伸びてくれました。現状ではダートがいいのでしょうが、能力は高いですね。今日はありがとうございました」(M.デムーロ騎手)
「まだ子供っぽい馬なので実戦に行ってどうかという心配はありましたが、調教どおりに走ってくれれば十分チャンスはあると思っていました。パトロールVTRを見返すと、あちこちで物見をしたりやはり幼さが全面に出ていましたが、追われてしぶとく脚を使ってくれるあたりはなかなかの根性でした。いい競馬をしてくれてホッとしました。今日はありがとうございました」(小島茂師)
直線半ばではまだ前と差がありましたが、追われてジワジワと追い詰めてギリギリ差し切ったところがゴール。道中は幼さも見せましたが、初めての実戦ということを考えれば今後の伸びしろも大きいでしょうし、先々の成長が今から楽しみです。この後はいったん放牧に出してリフレッシュさせる予定です。


プレビューであんなことを書いてしまっただけに、コジシゲさんが優しいだけの男じゃなくて良かったと思いますね。前のレースでオーロラエンブレムが着外になっている結果を見たときにはどうなることかと思ったけど(笑)

とにもかくにも、運が良かったですよ。この時期のダートの新馬戦は評判馬がいたり、グランド牧場の馬がおかしな勝ち方をするのがよくあるパターン。ところが今日はそのどちらでもなく、まるで牝馬限定戦のようなメンバー構成。そして予想された通りに低レベルレースになり、ジョッキーも上手く乗ってくれて…。こんなに揃うことはなかなかない。そんな中できっちりと決められたこと。コジシゲさんが持ってた証拠だし、ミルコも最高の騎乗をしてくれました。

レースラップを見ればわかる通り、ずっと同じペースで走って、いかにもホワイトマズルなレースぶり。今後、ピンポイントで条件が合うレースは少なそうですが、レースを選べる時間を自分で確保したのでね。これから長く楽しんでいきたいものです。

今日は本当に良かった!!!!!.




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment