もっとやりようはあったはず

必勝祈願だったピンクブーケですが、残念ながら、結果は4着でした。


18日の東京競馬では淀みのない流れの中で中団を進む。勝負どころで前との距離を詰めて直線勝負に挑むが、わずかに届かず4着。
「これまで乗った時はどちらかと言えばスタートが決まらずに後ろからになっていたけど、今日は前の馬たちを見られる位置で運べましたね。道中の折り合いもしっかりとついて、レース運びに関して以前よりは良くなっているように感じましたよ。勝負どころでの手応えからは勝ち馬に並べるかと思っていたものの、結果的にはそのまま前に出られてしまいました。いい結果を出せず申し訳ありませんが、いい意味で普通の競馬ができましたから、これを続けていければよりチャンスは広がるはずです」(内田騎手)
「距離延長に関しては実戦へ行ってみてどうかでしたけれど、折り合いがまずまずついて対応してくれたのではないでしょうか。ただ、今日はタフだったのでしょう。そして、目一杯走ってくれたのでしょう。上がってきた時の息づかいも結構フーフー言っていましたからね。ベストとは言わないのかもしれませんが、今日のように最後まで頑張れたということは今後の選択肢の幅も広げられたと言えるのではないかと思いますし、勝てなかったのは残念ですが良い経験になったと思います。おそらくレース後疲れるだろうと思いますし、続けていこうと思っても関東圏は福島開催になりますから、それならば少し空けて新潟に備えるほうが好ましいかなと考えているところです。もちろん、もう少し時間が欲しいとなれば秋になるでしょうが、今のところはこのまますぐの競馬ではなく、ひと息入れてから改めて競馬へ向かう方向で考えています」(小西師)
前走の勢いを維持して今回の昇級戦へ挑みました。これまでとは少し異なる条件へトライしてみましたが、戦前から距離を詰めるよりはゆったり運べるほうがいいかなと思っていたので楽しみの方をより持ってるのではないかと見ていました。実際のところレース内容は悪くなかったと思います。ただし、消耗戦となったこともあってか最後は一杯一杯にもなっていたでしょうか。それでも今後において良い経験になったと思いますし、さらなる活躍のきっかけになってくれたらと考えています。この後の様子を見てから最終的に判断しますが、今のところはひと息入れて今後に備えることを考えています。



何をどうしたかったのかは見ていてよくわかった。でも、正直、不満だらけですわ。

常に先手、先手で動いたルメールを後から追っていく展開。直線も、大きく広がることが目に見えている中で、一番外へ…。う~ん。もう少しやりようはあったんじゃない?というか、相手に合わせて動いていくのはピンクブーケの競馬じゃないでしょう。

まぁ、レースが終わって息が上がっているまで走ったことはこれまでにはなかったことなので、これが良い経験になればいいと思うのだが、体質にも脚元にも爆弾を抱えている馬だから、それによって爆発しないことを、まずは水曜日の更新まで全力で祈っている。




スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment