次に期待

期待の大きかったヴァントシルムですが、結果は6着。
ちょっと残念な結果に終わってしまいました。


17日の函館競馬ではまずまずのスタートから中団を追走。淀みない流れで動くに動けず、前も止まらない展開で6着。
「乗った感じは良かったし、追走もスムーズだったのですが、ちょうど馬群のポケットのようなところにハマってしまって動くに動けない状態で進んでしまったのが痛かったです。結果的に時計も速かったですが、もう少しスムーズに動けていれば展開も変わったでしょうし、状態が良さそうだっただけに残念でした」(武騎手)
大きく逃げる馬もいる中、中団馬群で動くに動けず厳しいレースになってしまいました。残念ではありましたが、昇級初戦で初めての古馬混合レースでしたし、今日の経験を次に活かして巻き返してもらいたいと思います。この後は馬体をよくチェックしてから決めますが、一度放牧に出すことも検討しています。



スタートからフワフワと走っているところを促しながら追走させた前回の秋山さんと、押さえ込んだ今回のユタカさんと。その差かな。展開もあるけど、最後まで頭が高いままで、気持ちが入ることないまま終わってしまった感じでしたね。ブラック・ユタカも再三見てきているので今さら驚きませんが、まぁとにかく、残念でした。

権利も逃したことだし、わざわざ書いているぐらいなので、馬房の入れ換えで放牧となるでしょう。代わりに入った馬が出るタイミングで戻って、次は函館の最後、横津岳特別となるでしょうか?それまで早来でしっかり鍛えてもらって、また改めて期待ですね。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment