続いた!

確勝を期して臨んだレース。ヴァントシルムは期待にしっかりと応えて、先週のピンクブーケに続き、優勝してくれました!

13日の新潟競馬ではスタート後に少し促して中団から。直線半ばで抜け出すとそのまま押し切って見事に優勝。
「厩舎の方からも硬さがあることは聞いていましたし、追い切りに乗せていただいてそれは感じていました。子供っぽさが目立っていて、まだまだこれから成長していくんだろうなと思うのですが、その状態でこれだけのパフォーマンスを見せられるのですから、能力が高い馬だということなのでしょう。1つ勝てたことは大きいですし、この後も楽しみです。今日はありがとうございました」(秋山騎手)
前回は直線で窮屈な場面があり、あと一歩のところで勝利を逃しましたが、今日は終始スムーズなレース運びでしっかりと勝ち切ってくれました。まだこれから良くなりそうなタイプの馬ですし、今後のさらなる活躍を期待したいものです。この後はレース後の状態をよく確認してから検討していきます。



終始、安心して見ていられました。

秋山ジョッキーはスタートから不利を受けないことだけを考えたレース。道悪のせいなのか、遊んでいるのか、軽く促しながらの追走でしたが、手応えにはずっと余裕があるように見えましたからね。
直線を向いてからは目を見張る伸び。相手が弱いことを差し引いて考えるべきだとしても、道悪の2400Mを走ってきてもまだまだ伸びて行きそうなゴール前の脚色に、この先が本当に楽しみになりました。勝ったことよりもそっちの方が嬉しかったかな。

デビュー戦の時に「来年のカフジプリンスになろう」と書いたけど、それが本当に現実になるように、これからも頑張っていこう。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment