とりあえず良かった

遠征から帰ってきたら更新をするつもりが、すっかり忘れていました(笑)

では、ヴァントシルムのレビュー。

29日の京都競馬ではまずまずのスタートから道中は中団でレースを進める。3コーナーから少しずつ促して直線はいい脚を使っているが、窮屈な場面もあり2着まで。
「厩舎の方からは歩様に少し硬さがあると聞いていたのですが、実際に跨がって走らせてみてもなかなか脚が上がらず、やはり硬さが目立つなという印象でした。ただ、以前はこれで進んでいかなかったみたいなのですが、今日は道中でうまく流れに乗ることができていたんです。それだけに直線で外から来られて窮屈になったところが痛かったですし、あそこをうまく捌くことができていればもっと際どかったと思います。本当に申し訳ありません」(福永騎手)
休み明けの一戦となりましたが、調教でもしっかりと動けていたように、いい仕上がり状態で競馬に臨むことができました。最後はスムーズさを欠くシーンもありましたが、ゴール前では以前までにない伸び脚を見せてくれましたし、このあたりは成長の証でしょう。今回で力のあるところは示せましたが、今後のさらなる上積みにも期待したいと思います。この後は反動などがないか馬体をよく確認してから検討していきます。

「最後にしっかりと追い込んできているだけに、外から馬体を寄せられてなかなか出るに出られなかったのが大きいですね。あの場面さえスムーズなら勝っていてもおかしくない内容でしたし、本当に悔しいです。ただ、やはり長い距離は良さそうですし、あれだけの脚を使えたのは収穫でした。じっくり、そしてハードに鍛えているのですが、ちゃんとそれに耐えてくれていますし、放牧を挟んで馬も成長してくれているようですから、次こそはという気持ちで臨みたいと思います。レース後は疲れた様子も見られず、馬は元気にしています。新潟3週目に芝の2400mがあるので、このまま反動がなければそこに使っていくつもりです」(須貝師)
13日の新潟競馬(3歳未勝利・芝2400m)を目標にしています。


勝てたレースだったね。

まぁ、もったいなかったのは確かなんだけど、それ以上に、こちらの想像を超えて馬が良化してくれていたことが嬉しかったです。これくらいの距離のレースはどうせ毎回同じようなメンバーで走るのだからすぐにまたチャンスは来る。次でしっかり決めましょう。今回はとりあえず良かった。でもそう言って済ませられるのは今回までだよ。

それにしても、調教師のコメントにもありますが、ハードに鍛えてもちゃんとそれに耐えられる強い身体を持っているというのは、この先、この馬の大きなアドバンテージになるかもしれませんね。キタサンブラックのように、とは言いませんが、精進して、強い馬になってほしいものです。まぁでも、まずは一つ勝たなきゃ、だな。



もう1頭走った馬はいますが、あまりに論外なので、更新は割愛。
馬には何にも罪はないんだけどね…。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment