なぜまた1200を使うのか

今週は土曜日にヴァントシルムとレイリオンの2頭が出走。

どちらもユーイチさんが乗るというのに、私は京都競馬場ではなく、日本武道館で柔道を見ている予定なんだな(笑)日曜日は昼から東京競馬場へ行く予定だから、バリングラでもチャームクォークでも走ってくれればよかったんだけどね。(敢えて↓と同じイントロで)

続いて、レイリオンのプレビューを。

26日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒4-26秒1-13秒2)。
「今朝は坂路で馬なり程度の追い切りを行いました。久々に乗ったのですが、以前に比べると走りのバランスが良くなっているなと感じました。以前は精神的に不安定なところがあったのですが、当時は馬体重が減り気味だったことなどを考えると、まだ馬体がパンとしておらず苦しいところがあったのかもしれません。今は見た目にもふっくらして落ち着きもありますし、この感じでレースに臨めれば今回もいい競馬をしてくれるのではないでしょうか」(安田翔技術調教師)
29日の京都競馬(4歳上500万下・芝1200m)に福永騎手で出走を予定しています。


せっかく距離延長で成績が上がったのに、なぜわざわざ1200に戻すのか。全くもって意味不明だけど、せめてもの救いなのが、恐らくトップスタートを決めてくれるだろう、ユーイチさんが乗ってくれること。
逃げたい馬が8枠に入ったことで、それを行かせてからポジションを取るという窮屈な展開が予想される。いっそ、揉まれてアウトにならないように自分が行かなければいけないことを強制するように、最内にでも入ればよかったのだけど、こればっかりは言っても仕方がない。トップスタートから上手く捌いて、2、3番手を取れればいいんだけど…

さて、どう乗ってくれますか。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment