あんな脚を使われてはどうやっても勝てない

プレビューを書きませんでしたが、レイリオンが昨日出走、結果は本当に惜しい2着でした。

18日の中京競馬ではうまくスタートを決めて道中は好位から。直線は馬場の真ん中をよく伸びたが、ゴール前で交わされ2着。
「小倉、阪神、そして今日の中京と短期間で輸送が続いていますが、馬は非常に落ち着きがありましたし、以前乗せていただいた時よりも成長を感じました。レース運びも上手で展開も向いたと思いましたし、ジリジリながら最後まで頑張ってくれているんですけどね…。勝った馬は切れる脚を使いましたし、今日は相手も強かったです。勝ち切れずに申し訳ありません」(北村友騎手)
「いったん先頭に立って、あとは外から何も来るなと思っていたのですが、最後は勝った馬が強かったですね。負けてしまったので申し訳ない気持ちもありますが、今日はジョッキーが完璧に乗ってくれましたし、また改めて期待したいと思います。優先権を確保しましたが、ここまで短い間隔で競馬に使ってきていますから、この後についてはまずレース後の状態を確認してから検討させてください」(安田師)
前走は少頭数で展開に恵まれた感も否めませんでしたが、今日は改めて力のあるところを見せてくれたのではないでしょうか。敗れてしまったものの、内容的にも良かったと思いますし、次こそはキッチリと勝ち切りたいところです。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。

勝ったと思ったんだけどなぁ。。。

スタートを決めて、4、5番手2頭並びの外。前の3頭が快調に飛ばしてくれて、それを自分のペースで追いかけるというこれ以上なく理想的なレース展開。直線も内から併せてきた3着馬に何とか叩き勝って、「ヨシッ!」と思った瞬間に、画面の外から強烈な伸び脚で1番人気馬が飛んできました。

あんな脚を使われたら、どんなレースしても勝てねーよ(´・_・`)

本当に惜しかったし、本当に残念で、悔しかったけど、ジョッキーが完璧に乗ってくれたこと、レイリオンが完全復調を示してくれたことは素直に嬉しかったです。これで今度こそ、形ができたと言ってもいいでしょう。てか、いいよね?大丈夫だよね?いや、この陣営のことだからまだ信じられないけど。←

正直なところ、昇級しても通用するとはなかなか思えないし、勝っていればクラス再編までお休みというのが現実的な路線だったと思えるだけに、この2着は、また近いうちにレイリオンのレースが楽しめるかもしれないと前向きに捉えたい。こんなに上手くいくレースはそうそうあるわけじゃないし、そこで結果を出さなければどんどんチャンスは減っていくのも事実。そうやって、去年の半分を無駄にもした。だけどそれはそれとして、今は今のこの流れの中で、もう少しレイリオンの競馬を固めたいと考えています。

次はどこだろう?京都の開幕日にちょうどいいレースがあるんだけど、間隔4節ってまだ優先権は有効だっけ?

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment