弥生賞に出したかったけど

使って、使って。今週もバリングラが出走しますよ。

8日は軽めの調整を行いました。9日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒6-39秒7-12秒8)。
「馬場のことは特に先週の重賞レースへ向かう場合の条件として考えていましたから、今週以降のレースに関しても馬場コンディションは気にしつつも、先週よりは条件を狭めずに検討していました。今回はそれ以外にも距離をどうするかが頭にあって、馬場を含めて両方合致すればより良いのですけれど、今週末も天気は良さそうで馬場という観点からは矛盾する部分もあるものの、いたずらに延ばしていくよりは良い時に使ったほうがいいのではないかとも思えました。その中でメンバー、そして鞍上のことも含め、トータルで考えて今週のゆきやなぎ賞か中山の一般戦のどちらかを考えていくつもりでした。今朝の追い切りは単走でサッと動かしましたが、こなしは良かったですし、態勢はすでに整っています。ギリギリまで状況を見ていましたけれど、阪神へ連れていくと輸送等の負担も出てきますし、鞍上のことも絡んできます。一方、中山であればそういったこともあまり考えなくていいです。同じ勝負服の馬など気になる馬は何頭かいますが、極端に強い馬たちばかりのメンバー構成ではないということもあり、中山へ向かわせていただくことにしました」(堀師)
12日の中山競馬(3歳500万下・芝2000m)にシュタルケ騎手で出走いたします


あれこれ言ってますが、先週の弥生賞を回避した時点でココありきの出走予定だったはず。両天秤で選んだ方のサトノマックスの競馬に参加してなさや、スピードのないダンビュライトやベストアプローチが3、4着してるのを見るにつけ、バリングラが出てたらなぁ、と思うわけですが、まぁ、それは言っても仕方ないのでね。

コメントの中に、ずっと言われてきた気性面の幼さについて特に言及がなく、追い切りも併せ馬ではなく単走で。ん?と思うところはありますが、この厩舎がケアしていないはずはないし、追い切りだけが調教でもないので大丈夫でしょう。

メンバーを見ると、前走の再戦の様相。相手と比較してより条件が厳しくなったのは自分たちの方だと思いますが、頑張ってほしいですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment