簡単に結果が出るとは思ってなかったけど

フリージア賞に出走したバリングラは、2着でした。

18日の東京競馬では好位の内を進み直線へ向かう。逃げ馬との兼ね合いもありエンジンのかかるタイミングが少し遅れ、最後に伸びてくるが勝ち馬には及ばず2着。
「まだまだこれからと思える馬でデビュー戦の時と比較して良くなっているところもありますけれど、それでもところどころで若さを感じさせます。今日は馬場の硬さがいくらか気になったようで、コーナーでの走りがもうひとつになってしまいました。それでも最後にかけて走ってきますし、力があります。スタミナもあってもう少し距離があってもいいでしょうが、やはり本当に良くなるにはまだ時間も経験も必要なのでしょう。長い目で見てあげてほしいですね」(ムーア騎手)
「チークピーシズに関してはライアンに判断を委ねた結果、着けたまま向かうことになりました。レース内容はここ数戦に比べれば悪くはなかったと思いますけれど、それでもまだ良化の余地を残す状況です。この中間の取り組みがプラスに働いている部分はあるはずですから、引き続き何とか良くしていきたいと思います。今後について考えるにはまずしっかりと状態を確認する必要がありますので、しばらくお時間をいただければと思います」(堀師)
デビュー勝ちしたコンビでもありましたし、この中間の取り組みがいい影響を与えていることを見て取れていましたから、今回は巻き返しに期待がかかりました。直線入り口でやや勢いが鈍るところもあったので悔やまれましたが、それでも最後までしっかり伸びてきていますし、馬の力を再確認させられたレースでもあったと思います。何とか今回をキッカケにまた上昇していってほしいと願っています。今後については、レース後の状態をよく確認した上で判断していくことになります。


この中間に重点的にケアしたからといって簡単に結果につながるものではないと思っていたけど、見た目には何も代わり映えしないレースになってしまったな。ライアンの豪腕で2着に持って来たようにも見えるけど、終わったと思わせたところからしっかり伸びて来るのは前2戦と一緒。嘆かわしい部分に残しながら、一方で、速い上がりにも対応しての2着なら、良い部分も多分に見られたと言っていいんじゃないですかね。まぁ、まだまだ遊び遊び走ってやがるので「頑張った」と言う気はないんだけども。

そりゃ勝ちたかったけど、クラスが上がったら出られるレース、出来る事が限られてしまう分、まだまだ試行錯誤する時間が与えられたと、今回の2着はプラスに考えたい。次のレースはどこか。シュタルケで弥生賞でもいい。石橋君に戻して大寒桜賞でもいい。中間は在厩で調整か。もう一度リバティホースナヴィゲイトに出してもいい。やれる事をやって、また次に向かっていこう。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment