来年の募集に向けて

来年の話をする前に、まずは今年の一次募集と抽選全体を見ての感想から。

正直な話、思った程ではなかった、というのが本音。会員が一気に増えたおかげで、もっとあれもこれも取れない、壊滅状態になるんじゃないかと考えていた。
最終の応募口数がわからない上での話ではあるけど、中間経過から最終の抽選対象の発表までの応募数や抽選対象数の伸びを見ると、去年とさほど変わらない。相変わらず、こんな馬まで抽選になるの?ってことはあるし、バツ2と母馬優先をかけてそれでも取れないことあるってどんなだよって思うけどね。でも、今年は去年新規会員だった人の分が一気に加算されるということを想定していて、この1年ずっと恐怖感があったのだけど、冒頭の話と重複するが、だから思った程ではなかったと思ってる。そして、またこれから1年、同じ想いを抱き続けるし、きっと来年はそうなるんじゃないかと思ってる。だからこそ、今年は絶対に×を取っておく必要があったし、抽選全突破というは意味があるね。

そして、来年の話。Twitter上から今年生まれたキャロット血統馬たちの情報を拾ってきました。

<母馬優先あり>
アヴェンチュラ(牡・ハービンジャー)
シーザリオ(牡・ロードカナロア)
ロザリンド(牡・ルーラーシップ)
ヴィートマルシェ(牝・オルフェーヴル)
クリソプレーズ(牡・ゴールドアリュール)
ブルーメンブラット(牝・キングカメハメハ)
シュペトレーゼ(牡・ハービンジャー)
ラドラーダ(牡・ロードカナロア)
ハープスター(牝・キングカメハメハ)
ピュアブリーゼ(牝・ハーツクライ)

<母馬優先なし>
リッチダンサー(牝・ディープインパクト)
クルソラ(牝・ディープインパクト)
トゥザヴィクトリー(牡・ルーラーシップ)
ヒルダズパッション(牡・オルフェーヴル)
ポロンナルワ(牡・ゴールドアリュール)
ココシュニック(牝・ディープインパクト)
レーヴディマン(牡・ディープインパクト)
アディクティド(牝・ハーツクライ)
グレイトフィーヴァー(牝・ジャスタウェイ)
ピューリティー(牡・マンハッタンカフェ)
アドマイヤサンデー(牡・エイシンフラッシュ)

今年、バツ2抽選でそれなりに落選者がいるわけだけど、バツ1抽選がクルソラだけだったから、バツ2上限というルールは恐らく来年も継続だろう(改めて、よくできたルールだと関心する)。そして、キングカメハメハが体調不良で種付けを控えた世代ということ、キャロットの応募状況を考えれば、「高いカネに目をつむってでもディープ産駒を買うなら来年しかない」と考えている。その一方で、ジャスタウェイ×グレイトフィーヴァーがとっても欲しい。このせめぎ合いにどう折り合いをつけるか。それがこの1年の一番の課題かな(笑)なんてね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment