自分が蒔いた種は自分で刈り取らなくては

レイリオンの復帰戦は、不利もあって、13着に終わりました。

13日の札幌競馬では五分のスタートから道中は先団の外目を追走。勝負どころから手応えが怪しくなると直線は伸びが見られず13着。
「道中は周囲を気にするようなこともなくスムーズな追走ができていたのですが、3コーナーで前の馬がモタれて進路に入られてしまい、そこから急に手応えが怪しくなりました。厩舎のスタッフさんからはそこまで切れるタイプではないと聞いていたので、ある程度のポジションを取りに行ったのですが、今日のところはそれが結果的に裏目に出てしまいましたね。これなら前に壁を作って脚を溜めた方が良かったのかもしれません。中途半端な競馬になってしまい申し訳ありませんでした」(吉田隼騎手)
前回から大幅に馬体を増やすなど状態面は良さそうでしたし、休み明けでも期待を持ってレースに臨むことができたと思います。道中もスタートを決めてうまく追走することができていたのですが、前の馬に寄られる場面が影響し、集中力を欠いて伸び切れずに終わってしまいました。敗因は不利によるものであるとハッキリしていますし、次走で改めて巻き返しを期待したいところです。この後は馬体を確認してから検討していきます。


悩ましい。

絶好の展開だと思ったけどなぁ。不利を受けることがあるのも競馬だけど…。暗転のループはまだ抜け出せないままなのか。権利を取れなかったことでただでさえ番組の少ない芝の1200Mには出ることすらなかなか叶わなくなるし、それで「距離を伸ばしてみる」ならまだしも、「ダートを.試してみる」とか言い出したらさらに深みにハマっていくだろうし。

不利を受けてもねじ伏せられるほど抜けた能力を持っているわけではないし、そんなことは最初からわかっているし、もしどこかで勝って今ごろ昇級戦を戦っていてもしんどかっただろうことは間違いない。でも勝つべき時に勝っておかなかったから、さらにその手前で今なおもがいているわけで。それは自分で蒔いた種。自分で刈り取らなくては。どんな形でもいい。今は結果が欲しい。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment