鈴鹿サーキットでBIG2&4を見てきました

先週の日曜日は久しぶりに鈴鹿サーキットに行ってきました。

国内トップカテゴリーの2輪と4輪の開幕戦である、恒例の“BIG2&4”。ガキの頃は毎年見に行っていたものだけど、最後に記憶があるのが1986年だから30年ぶり?!(笑)さすがに30年ぶりは違うと思うけど、ともかく、本当に久しぶりに国内トップのモータースポーツを生観戦してきましたよ。

2輪、JSB1000で見たかったのがこの人、中須賀克行選手。

nakasuga_01.jpg
nakasuga_02.jpg

わかっちゃいたけど、桁違いに、速い。一番低速のはずシケインの中のスピードさえ別格。おかげで全然ピントが合わねーでやんの。
でも、全然本気出してる感じじゃなくて、せいぜい70%ぐらいしか出してないような走りっぷり。別格すぎてレースとしてはすっげーつまんなかったけど、エエもん見せてもらいました。

jsb1000.jpg

そうそう。ル・マン式スタートを初めて見ました(笑)8耐でも行かない限りなかなか見られるものではないので超楽しみにしてたんですけど、うん、通常のスタンディングスタートのがいいね。←


さて、メインイベント、スーパーフォーミュラ。

ここ数年、改めて注目をし直していて、行かなきゃと思いながら行けてなかったんだよね。で、どうしても見ておきたかったのが、ホンダのエースのこの人、山本尚貴選手。

naoki_01.jpg

naoki_02.jpg

naoki_05.jpg

課題だったスタートを決めて、あとは終始危なげなく。バックマーカーでありながらなかなか譲らないブラーを煽ってるのを見たときは、去年のセパンのベッテルの歌声が聞こえてくるようだったよ。とにかく、好きな選手がぶっちぎりで勝つのは爽快なもんだ。

あ、そうそう。モータースポーツジャーナリスト協会の大御所にインタビュー受けてたんで、撮ってみました(笑)

naoki_03.jpg

カメラさんで隠れちゃってますが、映像としてはこんな感じです(笑)

naoki_04.jpg

ペロッ(笑)テレビ向けのインタビューだから何言ってるのかわからないんだけど、このペロッはなんだったんだろう(笑)


彼に限らず、今年のスーパーフォーミュラは本当に要注目で。まずは、世間的にはこの人になるんでしょうなぁ。

vandoorne_01.jpg

去年のGP2チャンピオン、ストッフェル・ファンドールン。個人的にGP2というカテゴリーを全く評価していないので微妙な思いもあるのだけどね。でも、当然、速いことは速い。それに何より、初めてのカテゴリー、初めて乗るクルマ、初めてのレースウィークでノーミス、予選4位の決勝3位は凄いなぁと思った。

そして、個人的に最注目なのがこの人。

sekiguti_01.jpg

あんまりいい写真が撮れなかったんだけど…。新たに名門インパルに加入した、関口雄飛選手。わかっちゃいたけど、かっ飛んでた。この怖いものなしの感じがいいよな。
残念ながら、レースではフォーメーションラップをスタートできなかったトラブルが祟って好結果は出なかったけど、レース中のラップタイムは誰よりも高い次元で推移していて、ファステストもこの人だった。チーム力もあるし、きっと今年中に勝つんじゃないかと思うよ。


まぁ、とにかく。楽しい一日だった。すっげー疲れたけどね(笑)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment