100点

昨日デビュー戦を迎えたアンテレクテュエルは、8着でした。

3日の中山競馬ではややゆっくりとしたスタートから馬群の中に入れて中団を追走。後半勝負で挑んだがジリジリとした伸び脚で8着。
「ベイビーですね。ただ、初めてのレースだったことを考えると問題ないというか、普通の新馬の馬に比べると良かったと思うんです。まだわかっていないことが多いけれど、極端に物を見てしまったりだとかバタバタしてしまうようなこともなく、落ち着いて何事にも臨めておました。返し馬でもゲートでも穏やかでしたしね。レースもまずまずです。変に気にしてしまうこともないですが、強いて言うと、馬場、特にコーナリングの際に脚を取られるような格好になっていて、苦しそうな走りにはなりましたから厳しかったですが、他はそこまで問題なかったですから今日はいい経験を出来たのではないかなと思うんです。今日の状況を考えると、ワンペースな馬の運び方をすべきだよとか、末を活かせるはずだよだとか、次への作戦の立て方等へのアドバイスをするのが難しいのですが、今回の経験がプラスに転じてくれるはずですし、変わってきてくれるはずですよ」(シュタルケ騎手)
「ゲートに時間がかかった馬ですし、実戦を前にして練習したことを忘れていては困りますから、この中間に確認の意味も含めて練習したんです。出すところまで行ったのですが、速いとまでは言わないかもしれませんがしっかりと出て対応してくれたので、レースでもうまく流れに乗ってくれたらという思いでいました。ジョッキーには馬に乗せる直前に“子供だよ”というような内容のことを伝えたのですが、変にピリついたり止まったりするようなこともなくゆったりとレースへ向かっていましたね。ジョッキーもそのことを理解してくれて少しずつ気持ちを乗せていくように促してくれていて、返し馬では馬自身にいい意味でのピリピリ感が出てきていたように思います。レースはやはり初出走という感じではありましたけれど、ジョッキー曰くお行儀は良かったということでしたし、この経験が良い方に活きてほしいと思いました。今日はほとんどの馬が競馬を1度以上経験している相手というメンバー構成でしたから厳しかったですが、これがみんな一緒のデビュー戦であればまた違ったはずですよ。これから経験を積んでいけばわかってくる部分もあるでしょうし、デビューが遅れたように体力面でもまだまだでしょうから、馬の変化をよく見ながら何とか良い方向へ持っていきたいです。今回は初入厩からここまでそのまま頑張ってもらいましたし、今のところこのあとは少し楽をさせて乗り込みを重ねてから次へ向かう形を模索しようかなと検討しています」(鹿戸師)
体質面の弱さもあってデビューがここまで遅れましたし、今回は既走馬が相手でもありましたから、この状況でどこまでやれるかということが焦点にもなりました。ゲートの駐立で課題のあった馬でしたが、実戦では問題なく対応してくれましたし、徐々に成長を見せてくれています。未勝利期間内となると期限もあるのでそう余裕があるわけではありませんけれど、少しずつでも充実・上昇させ、初勝利へとつなげていきたいと考えています。今後は状態を見ながら判断していきますが、今のところいったんリフレッシュさせて乗り込んでから次を考えていく方針を持っています。


今回で一気にシュタルケというジョッキーを好きになったなぁ。正直、シュタルケだったら日本人でも同じじゃん!ぐらいにこれまで思ってたんだけど。←
特別なアクションをするわけではない。だから何か大きなゲインをもたらしてくれるわけでもない。でも一方で、人間の欲を排除して、すべてが“この子のため”につながった騎乗をしてくれた。俺はこういうジョッキーが好きだなぁ。目先の1勝が必要なときもあるけど、馬は騎手や馬主のオモチャではないし、私利私欲を押し付けられて傷ついていくレースを自分は見たくないです。

デビュー戦らしくゆっくりとしたスタートから、押して巻き返して中団後方を追走。そこでジッと動かず、2頭がマクッて行ってもスルー。3コーナーから追撃を開始し、進出するも、坂の途中で力尽きた。そのレースぶりにひとつの無駄もなく、スキもなかった。100点。結果が伴っていれば素晴らしかったが、既走馬を相手にこのレースなら何も言うことはない。

見るからに太かったし、恐らく2000Mも、本来の適性距離からすれば長い。それでも、今週に出走した理由も、2000Mで下ろした意味も、自分には理解できる。いいレースだった。ひと息入れてから次、となるんだろうけど、そこにつながってくれたらいいなぁ。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment