本格化の兆し

今日の中京最終レース、刈谷特別にクリーブラットが出走します。

23日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-38秒9-25秒2-12秒6)。
「今週は変則開催明けで火曜が全休日でしたが、土曜日の競馬ということで今朝坂路でジョッキーに乗ってもらって追い切りました。併せ馬でしたが、いつも以上に動きが良く、ジョッキーもびっくりしていましたよ。帰厩当初は体つきもコロンとしていましたが、だいぶスッキリ見せてきて態勢は整ってきました。飛節の状態も特に気になりませんよ」(川副助手)
「今朝追い切りに乗せていただきました。これまで、調教の動き自体はちょっとモサモサした印象があったのですが、今日はまるで別の馬かと思うぐらい反応が良かったです。馬場が良かったこともあるのでしょうが、これだけしっかりと動いてくれれば文句ありませんね」(中谷騎手)
26日の中京競馬(刈谷特別・芝1600m)に中谷騎手で出走を予定しています。


これまでどれだけ馬場状態が良くても一度しか坂路で52秒台を出したことのなかった馬が、先週の一週前追いで二度目の記録。そして、これまで必ず最後の1ハロンのラップは数字を落としてしまっていたのが、今週は初めて落とさずにまとめてきた。デビューの時から「この馬は6歳になってからが勝負」と言ってきたが、5歳春を迎え、いよいよ本格化の兆しが見えてきたかな?という気がしている。

ただ、それが今日のレース結果を保証してくれるものではないことは、当然わかっている。

「現状良くはなってきていても、勝つとは思っていない」というのが本音。未勝利勝ちした条件とはいえ中京のマイルはこの馬に決して合っている条件ではないし、動けるようになってはきていても切れる脚がないのは変わらないだろう。それをどうフォローできるかというのが今回も一番のカギとなる。

枠は良いところが当たった。何とか上手くいって3着か4着あたりに来られればと思っているが、それでも一応、もっと上へ行けたときの準備をして、今日は中京へ行くよ。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment