明日になればわかる

今週の日曜日、阪神の第4レースでジーニアスダンサーがデビューします。

「水曜日はPコースで追い切りました。今週は最終調整ということで、あまり負担をかけすぎないように私が乗ってポリトラックを単走でやったのですが、直線仕掛けてからの反応は十分でしたし、追ってからもふらついたりせずまっすぐ走れていたのが良かったですね。これで初戦を迎えるに当たっては十分仕上がったと思います。既走馬相手の競馬なので楽ではないでしょうが、次につながる内容を期待したいですね」(高橋康師)
20日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1600m)に松山騎手で出走いたします。


最終追い切りはポリで。先週は本馬場、その前はコースで併せ馬。いろんな調教パターンがあって、きっとそこにはコメントでは伺いしきれない意図があって、きっといろいろ考えてくれているだろうなというのは伝わってくる。
ただ、どこで乗っても数字的にあまり動けている感じは伝わってこず、しかしながら、調教師から結構前向きなコメントが毎週出て来ていて、そのギャップにこのところは更新のたびに首を捻っていた。

まぁ、どちらにしても、明日になればわかる。あまり動けている感じはしていない中で、唯一、イイかもと思ったのが先週の本馬場で追い切ったときだった。それが現実となることを今は願いながら、でも期待も絶望もなく、フラットな状態でレースを待ちたいと思う。


来週は木曜日にピンクブーケが地方転出2戦目で、土曜日にはクリーブラットが復帰戦を迎える。アンテレクテュエルもデビュー戦に向かっていて、恐らく再来週かその次の週あたりになるだろうと思う。かつてなく稼動し出した。みんな無事にいって、この流れが継続していってくれたらいいなぁ。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment