到底納得できるものではない

悪夢だ…

13日の阪神競馬ではスタートから出たなりで中団を追走。直線は馬場の外目をジリジリ伸びたが3着。
「力んで行きたがるような面もあるので気をつけてほしいと言われていましたし、スタートは無理せずソロッと出していきましたが、思ったよりリラックスして走れていました。ちょっとエンジンのかかりが遅かったのですが、坂を上がってからもよく伸びていましたし、こういうレースができれば今後も楽しみです」(ルメール騎手)
「エンジンのかかりが遅く、ジリジリした脚になってしまいましたが、道中リラックスして走れていたのは良かったですね。坂も気にしていませんでしたし、レース運びの幅が広がったという意味では収穫も多かったのではないでしょうか。小柄な馬ですし、この後は馬体を見て考えます」(安田師)
エンジンがかかるまで時間がかかり最後は差し切れませんでした。ただ、テンションが高いところのある馬が、今日はリラックスして走れていましたし、収穫も多い一戦だったと思います。この経験は必ず次に活きるでしょう。この後はトレセンに戻って馬体をよく確認してから検討します。


勝っても負けても納得のできるレースを、と書いて迎えたレースは、残念ながら、到底納得できるものとはならなかった。

ここ2走のパドックを見ていないので比較はできないのだが、テンションが少し高いのではないかと感じていた。その上、ゲートで立ち上がる馬がいて待たされたこともあって、身体を捻りながらゲートを出てしまった。あれでは行き脚がつくはずがない。そして、ルメールは押して巻き返して行くタイプのジョッキーではない。この時点で、もはや、終了。勝機は去った。

だけ、ならば、まだ、良かった。

本当の悪夢は、実はこれが出遅れて差しに構えなければならなくなったのではなく、最初から意図していた形でのレースであったこと。そして、今後もこの形が求められ続けていきそうなこと。勝てなかったこと以上の絶望がレース後のコメントを読んだときにやってきた。自分は、基本的に厩舎関係者やジョッキーの意見はリスペクトしたいと思っているが…

この先、この馬はどうなっていくのだろう。すべてが悪い方に転がっているようにしか思えないのだが。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment