リトルは本家以下だからリトルなのだ

今日の小倉、かささぎ賞に出走したレイリオンは、5着でした。

20日の小倉競馬では五分のスタートから好位を追走。そのまま直線を向くとスムーズに前も開いたが、追ってからの伸びがもうひとつで5着。
「馬場を気にしているというわけではないのですが、かなり水分を含んでパワーを必要とする芝で、スピードに乗り切れませんでした。スタートも五分に出ているのにすんなりとは流れに乗れませんでしたし、直線前が開いてからもジリジリした脚。いかにも良馬場ならもっとスパッと切れただろうなという感じがしました。テンションは多少高かったものの、よく我慢できていましたから、休み明けを使って次はもっと良くなると思います」(北村友騎手)
「ジョッキーにはうまく流れに乗って進めてほしいと言っていましたし、そのとおり運べていたのですが、重馬場が影響したのか思ったほど切れてくれませんでした。久々ということもあったでしょうし、ここを使ってまた変わってきてくれると思います。この後は、馬体に問題なければこのまま使っていきたいですね」(安田師)
平坦コースの1200mならこの馬のスピードを存分に活かせるだろうという期待があったのですが、今日は重馬場での一戦で、もうひとつ流れに乗り切れませんでした。良馬場なら最後はもっと切れたでしょうし、久々を一度使っての変わり身も見込めますから、次走を楽しみにしたいと思います。


らしい競馬と言えば、らしい競馬でしたな。溜めるも行かせるも中途半端。それでも本家の方のユーイチなら4着だったんだろうけど、事もあろうに、ザコ代表の丸山に交わされて5着なんだから、もうお話にならないとしか言い様がない。勝てた、とは言わん。が、もっとやれる事はあっただろう。これならいっそ藤岡兄さんを配して、テンから行かせてくれた方がよっぽど納得がいく。逃げ馬は好きじゃないですけどね。
競馬は一発勝負でしかない。何周も回るレースじゃなく、1分や2分ですべてが決まってしまう。その中でやれることなんて限られていて、それをやりきるとなると本当に難しいことぐらいわかってるさ。でも「やろうとしたけどできなかった」と「やろうとしなかった」の違いもちゃんとわかるからな。

とりあえず、非常に胸糞悪いです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment