来年を占う

TARGETに0歳馬のデータがアップされていたので来年キャロットで募集されそうなところ、欲しいところ、取れそうなところを考えてみたのだよ。

キンシャサノキセキ×ポトリザリス(牝)
ホワイトマズル×ファーストチェア(牝)
ノヴェリスト×フェルミオン(牝)
ダノンシャンティ×カドリーユ(牝)
キングカメハメハ×スペシャルグルーヴ(牝)←母馬優先あり

牝馬ばっかだな(笑)一番欲しかったのはオルフェーヴル×マルティンスタークだけど、まぁ、取れるはずもないので。バツイチ取りつつ、この中で1頭でも2頭でも取れれば来年は上出来だろうな。何せもうキャロットは日本一のクラブどころか、日本一の馬主ですから。今年の抽選なんて目じゃないぐらいのシビアさがきっと来年は待っていることでしょうよ。
それにしても、母スペシャルグルーヴはそろそろキャロットで募集されないもんかなぁ。母馬優先の権利が欲しかったのもあって、脚元の不安に目をつむって出資したのにいまだ一度も募集がない。まぁ、セレクトで上場されてても一度もアタリがないのも事実だけど、そろそろ募集されても、それがアタリであってもいいんじゃないですかねぇ。と、朝日杯を見ながら、改めて思ったりした。

今年最後なので有馬の予想だけ、ちょろっと。

【有馬記念(G1)】
◎ルージュバック
○ラブリーデイ
▲ヒットザターゲット
ルージュバックの◎は、今年に入って初めてまともな臨戦過程でレースを迎えられる、ただそれだけの理由。まぁ、距離は長い方がいいだとか、斤量が軽いだとか、先行するサブちゃんとリアファルの外の絶好枠に入っただとか、付け加えられる理由はいくつもあるけど、とにもかくにも、ここまでまともな状態でレースに臨めた事が一度もない中であれだけ頑張れたのだから、ココは圧倒的な上積みを見込めるのではないか、とキャロット会員は思うのだよ。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment