どうしてこんなにも上手くいかないのだろう

復帰2戦目を迎えたピンクブーケは、4着でした…

13日の中京競馬では発馬後の行きっぷりの差もあり後方からの競馬。勝負どころから動かして行って直線半ばからようやく前との差を詰め出すが前も止まらず4着。
「スタート自体はまずまず出ている方だと思うのですが、その後の二の脚が速くなくて後ろになってしまいます。それでも前半のハミががりは悪くなかったのでこのまま運べたら良かったのですが、向こう正面に入るとハミが抜けてふわっとしてしまったんです。そこからまたじわじわと動かしていくようにして行ったところ反応はしてくれて直線も伸びを見せていました。決して止まることなく来ているのですが、前も止まらなくて…。今日跨った感じは決してダートが合っているというわけではなく能力で来てくれているような感じです。芝が理想ですが、こればかりは立場上わがままも言えないのでしょうからね…。通用するだけの力があるだけに勝たせてあげられなくて申し訳ありません」(丸山騎手)
「元気には“スタートはそこまで速くないから前半はじっくり行きつつ後半少し早めから動いていく形で”という話をしていたんです。実際のところテンの入りが遅くて後ろからになりましたね。それは考えていた通りだったのですが、前もそこそこ速めの流れでした。意識的に動かしてくれたのですが、前も止まらなかったですね…。雨によってダートが湿っていて、少々速くても前が頑張れてしまう展開になってしまったのでしょう。そのことも考えて作戦を立てたのですが、うまく行かずに悔しいです。能力あるだけに何とか勝たせてあげたいです。申し訳ありません」(小西師)
戦前に作戦を立てて、その形に近い格好で競馬はしましたが、それでも前がなかなか止まらず、よく差を詰めてきていますが上位陣を交わしきるまでには至りませんでした。前走、前々走と力を示しているだけに歯がゆい限りです。このクラスでも十分に通用することを示しているだけに何とか現役続投はさせたいと考えていますが、未勝利の身ですので判断に悩むところです。今後についてはまず状態を見てどうしていくべきかをよく検討していきます。


制約があることをわかった上で中央に残ったのだから芝だダートだと言えたものではない。それでも実際問題、見た目にグリップしていないことがわかるほど、ダートは合っていなかった。この後どうなるのかわからないけど、仮に地方転出したとしても、より深いダートで結果を出せるのか。負けたショックと未来への不安で、しばらく放心状態になってしまった。

今日もピンクブーケ自身は本当によく頑張っている。なのに、どうしてこんなにも上手くいかないのだろう。こんなにも不運は付いて回るものなのだろうか。隣りの馬がいきなり落ちる?何で?次はいつ走ることができるの?いつになったら勝てる?切なすぎて涙が出そうだ。

この下に載せる写真をデジカメから取り込んで消そうとしたとき、フリーズして落ちた。きっとピンクブークがまだ残り続けたいと言っているのだと思った。これからしばらくまだ決まらぬ未来を、ルールと運命に委ねることになる。不安だ。大いに、不安だ。それでも、俺もまだ諦めてないから。


ピンクブーケ151213_1

ピンクブーケ151213_2

ピンクブーケ151213_3

ピンクブーケ151213_4

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment