最近部下を叱る事が増えた

先週のジャパンカップを見て思ったことは、「菱田君は貴重な経験をしたなぁ」と。

だって、そうでしょう?!天皇賞であれだけやらかしてしまって、それに世界一のジョッキーからのオファーも重なって、その鞍上から下ろされることになってしまった。そしてあの一寸の隙もない騎乗。否が応でも天皇賞での騎乗ぶりがクローズアップされてしまう。

今は、競馬に限らず、世の中全体として若手にチャンスが回って来にくい。失敗が許されない風潮があって、結果が求められるのも早いから、誰でも安全に回したくなる。でもその反面、本当は失敗から学ぶ事が一番多くて、それが成長のカギなんだよね。だからあの“大やってもうた”も貴重な経験なんだと思う。今は大舞台であれだけやらかしてしまう事もなかなかできるものではない。

ここ最近、自分の部下を叱る事が増えた。チャンスは与えているつもり。彼らなりに頑張っているとは思う。でも失敗しない事、怒られない事が第一前提で、上手くいかない事から逃げているからなかなか前へ進めない。やらない言い訳ばかりが上手くなっていく。だから、怒る。叱る。できないのはしょうがない。いずれできるようになる。でも、やらないのと出来るようになろうとしないのは許さないからね。俺は。

その点、菱田君は、ジャパンカップの裏で、しっかりと次のチャンスを自分の手で掴んだからね。白菊賞で勝ったアドマイヤリード。これで阪神JFに向かうことができる。そうそう、それそれ。失敗はある。でもそこから学んで、より大きな力を持って次のチャンスを掴みに行く。それが本当に大切な事なんだ。

そしてそれは、今日走るクリーブラットも同じ。

2日は栗東坂路で追い切りました(53秒7-39秒7-26秒6-13秒8)。
「今朝は中谷騎手に乗ってもらって坂路で併せて追い切りました。終いは時計がかかってしまいましたが、これは開場から30分ほど経って荒れた馬場状態だったため。ジョッキーは『馬体に張りがあるし、活気があって調子が良さそう』と引き続き好調であるとジャッジしてくれました。この休み明けは内容のあるレースをしてくれていますし、今回の中京は未勝利勝ちをしたコースですから、今度こそ勝ち切ってもらいたいですね」(荻野要助手)
5日の中京競馬(3歳上500万下・芝1600m)に中谷騎手で出走を予定しています。


何をやっても上手くいかないときがあった。ようやくそこから立ち直ったかなと思う。だから今、次に何を示せるかが求められている。まだまだやり返さなきゃいけないからね。そのためにまずは今日を全力で頑張ること、そして一歩成長した姿を見せること。それすらもなかなか簡単ではないし、この馬自身がいろいろ抱えている事もわかっているけど、それでも今日も頑張っていこう。
せっかくの中京でのレースなのに仕事だから応援に行けないけど、俺も全力で応援してるよ。


今日は、仕事の後に「たまには一緒に遊びに行きましょう!」って部下に誘われてるんだ。基本、仕事とプライベートは分けたいタイプ。休みの日に会社の人と顔を合わすのは好きではない。でも、部下に誘われるって、ほんと嬉しいもんだね(^^)







スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment