この乗り方をするならユーイチがいい

秋明菊賞に出走したレイリオンは、4着でした。

23日の京都競馬では好スタートから先行集団を追走。直線は内を突いてジリジリ伸びるが4着まで。
「少しイレ込むようなところがあると聞いていましたが、今日はずっと落ち着いてくれていました。前回よりも距離が延びるので溜めを利かせるような競馬をしてほしいと言われていたのですが、レースでは上手に走ってくれていましたよ。直線では一瞬ブレーキをかけるような場面はありましたが、それ以外はスムーズでしたし、仕掛けてからの反応も良かったです。ただ、小柄で軽い走りをする馬なので理想はパンパンの良馬場ですね。距離自体は問題ありませんでしたよ」(浜中騎手)
「距離が延びるので、ジョッキーには溜める競馬をしてほしいと話していたのですが、道中うまく我慢できていましたね。直線はちょっと前が狭くなるところがありましたし、それを考えればジリジリよく脚を使ってくれています。距離も問題なさそうなので、これから競馬を覚えていけばさらに楽しみですよ」(安田師)
前走から1ハロンの距離延長となりましたが、折り合いを欠くようなこともなくスムーズな追走ができていました。直線は少し窮屈なところはあったものの、最後までよく脚を使ってくれていますし、昇級初戦としてはまずまずのレース内容だったのではないでしょうか。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討していきます。


好発から行こうと思えば行けたが、しっかり引っ張って中団からのレース。こういう乗り方を望んでいないのはデビュー戦の前に書いた通りだし、この乗り方をするなら鞍上はユーイチでいいし、いや、ユーイチが最適だと思うんだけど、でもそれではないもの望んでいるから和田であることを喜んだんだけどね。あの時の喜びは一体何だったのか。レース後はそんな想いに駆られてた。正確には、今もだけど。

まぁ、オーダーがあったのだから、浜中の騎乗は責められない。中途半端なところを狙ってパッチンを喰らったのはありえねーと思ってるけど。3着になり損ねた分の差額を支払えとも思ってるけど。
一方、陣営に対しては、1戦1勝の2戦目の競馬が一番難しいことはよくわかっているつもりなので、今日は今日でこの競馬を意図した事は納得はしていないけど理解はしているので、この狙いを形にすべく、休ませるのではなく、もう1戦使ってほしい。今日の競馬を無駄にしないように。ぜひ、よろしくお願いします。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment