やっぱり信用はできない

今日の福島競馬に出走したクリーブラットは、5着でした。

15日の福島競馬では五分のスタートを切るも行き脚が付かず後方からの競馬を余儀なくされる。勝負どころから一気に仕掛けていき、そのまま粘り込みを図るが最後は上位の決め手に屈して5着。「行き脚が付かず後方からになってしまったので、腹を括って包まれないように外から進めました。勝負どころから一気に動いていきましたが、さすがに最後は伸び切れませんでした。ただ、前に行こうと気持ちを出していましたし、まだまだ変わってくれると思います。今日は一番いい結果を出したかったのですが、申し訳ありませんでした」(中谷騎手)
直線は見どころある競馬を見せてくれましたが、あと一歩粘り切ることができませんでした。勝利を掴むことはできませんでしたが、走り自体は確実に前進を見せていますし、次走では今回以上の結果に期待したいと思います。今後はレース後の状態次第で検討していきます。


プレビュー通りのレースでした。感想も表題の通り。これしか言い様がない。でもそれじゃ味気ないから書くけど。

今日も中谷ジョッキーは完璧に乗ってくれた。ゲートで我慢できないのは騎手のせいじゃないし、それでも謝ってくれるなんて、こっちが逆に申し訳ない限り。
まぁ、あれでも我慢していた方なんだろうけどな。これまでに比べれば。でもゴソゴソしている分、やっぱり今日も出は甘くなって、それで両サイドから挟まれて、最後方になって。これではどうしたって致命的。今日に限れば鞍上が完璧にリカバリーしてくれたから、逆にこれで良かったと言えなくもないんだけど、次に上手くいくかっていうと絶対に無理でしょ。特に中京のマイルでは。

ちゃんとゲートを出て、すんなり先行して、直線で抜け出して来る。そんなレースがしたいよ。切実に。今日のようなレースをしていてはいつまで経っても信用なんてできない。それだけは間違いない。能力的な保証も次走への手形も取れたわけだけど、これではあまり喜べんなぁ。






スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment