初夢までも

薄運の08年を決定づけるかのようなイタイ初夢を見てしまいました(^^;

黎明期のオレを新創生期へと導いてくれた女性と、鈴鹿サーキットで偶然出会うというシチュエーション。

「あ、久しぶり!」
と声をかけると、ものすごく驚いた顔で振り返る彼女。
すると、いきなり涙ぐんでこう言いました。
「何で、今ごろ…」
オレは何も言葉を返すことができず、「今度連絡するよ」と言って立ち去ることしかできませんでした。

どーだ、イタイだろ(笑)

それにしても、「何で、今ごろ…」の意味がよくわからない。
でも、何で今ごろそんな都合のいい過去を思い出しているのだ、と。そんなことしていないで、とっとと前へ進めということなんだろうね。

というわけで、今のオレを象徴するような初夢でした(苦笑)


ま、そんな話はいいとして。

今日は箱根駅伝のため、昨日23時半就寝の6時起き。
別に6時じゃなくてよかったんだけど、録画しておいたマカオGPを見たかったのでね。
新聞記者のScanくんや駅伝好きのFW19くんからメールで情報を得ながら、スポーツナビで神屋の解説を読みながら、レース観戦していましたよ(神屋は現役を引退しちゃったんですね…)。

さて、いろいろあった往路のレース。
こんなことを言うのはまだ早いんですが、来年が本当に楽しみになったな、と。
というのも、

区間賞を獲ったとはいえ、ベストではなかった竹澤
15人を抜いてもまだ上がいることを見せつけられたダニエル
チームは総合優勝したとしても、エースの走りはできなかった宇賀地(まだ優勝が決まったわけではないが)
伊達がいなくなって1人エースとなる佐藤
そして、順天堂の小野

各校のエースが来年やらなければならない理由を遺して帰ることになった今年の箱根。
もちろん、モグスは今年の自信を胸に、さらにパワーアップして帰ってきてくれるでしょう。
だから、今から来年のレースがすごく楽しみなんです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment