さらなる悔しさを背負って大作戦は続く

復帰戦を迎えたピンクブーケは、悔しい悔しい2着でした。

8日の福島競馬ではまずまずのスタートを切ると道中は中団やや後方から。勝負どころで少しずつポジションを押し上げていき、直線で鋭く追い込むも僅かに及ばず2着。
「展開も嵌まって勝ったと思ったんですけどね…。条件はみんな同じなのですが、どうしてもこういう馬場を得意とする馬が出てきますから、切れ味が武器のこの馬には厳しい競馬になりました。ただ、それでも久々でこれだけ走れるのですから、やはり力のある馬ですし、もっと綺麗な馬場で走らせてあげたらまた結果も違っていたと思います」(勝浦騎手)
「本来ならあと1本くらい追い切りが欲しいところではあったのですが、予定を延ばして確実に出走できるとは限りませんし、今週の競馬に臨みました。馬体は増えていましたが、成長分もありますし、状態は悪くなかったと思います。切れ味で勝負するこの馬には少し馬場が堪えた感じはしたものの、最後はよく来てくれているように能力のあるところは見せてくれました。この後については、久々の競馬を使った後ですし、まずは馬の様子をしっかりと確認してから検討していきます」(小西師)
デビュー戦はよもやの失格処分、そしてその後はまさかの骨折など、紆余曲折を経てようやくターフに戻ってくることができました。結果は最良のものとはなりませんでしたが、1年近い休み明けにもかかわらず内容の濃いレースを見せてくれたと思います。未勝利という立場上、番組を定めづらいところではありますが、今度はぜひとも1着でゴール板を駆け抜け、会員の皆様と喜びを分かち合いたいものです。


もう1回、言う。悔しい。逃した魚が大きすぎる。

ジョッキーは上のように「嵌ったと思った」とコメントしていますが、どうも手応えが悪そうで、半信半疑で乗っているように見えたんですよね。で、早めに動かし出そうとしたところ、予想外に反応してしまって一気に行ってしまった。そしてその分、最後に来て脚が上がってしまった。普通に考えれば、あんな位置から仕掛けるものではないからね。
でも向正面を過ぎたところから4コーナーにかけて一気に捲って行った脚には背中がゾクッとした。あの脚をもう2テンポ待って使っていたなら…。まぁ、どれだけ言っても結果論。ハァ(ため息)。

これ以上なく悔しい結果でしたが、馬は本当に良く頑張ってくれました。ジョッキーにももちろん敬意を払っていますし、きっと今後も乗ることのあるジョッキーですから、次の機会では今日の経験をぜひ生かしてほしいですね。

それにしても、未勝利馬が500万で2着しても何も保証はされないんだよね。これから中京に入るともっと出走が難しくなる。今日の府中の8Rを見る限り、牝馬限定なら1000万でも全然やれそうではあるし、程よく次開催の中山3週目にちょうどいい番組もあるんだけど…。

どうするにしても、この状況は難しい。今日勝てなかったことでより混沌として、リベンジ大作戦は続きます。ハァ(ため息)。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment