最後まで頑張るということ

昨日の新潟9Rに出走したクリーブラットは、4着でした。

24日の新潟競馬は先団を見るようにしつつ中団からじわっと進める。苦しくない外目へエスコートされて直線勝負に挑むとジリジリ伸びるがわずかに届かず4着。
「先生からは目に対して神経を遣ってほしいという話をもらっていましたので、芝だけどキックバックには細心の注意を払って乗るようにしました。だからと言って極端すぎても良くないでしょうし、位置を取るところでは前と重なるのは避けられませんからそこだけ我慢させて、内のゴチャゴチャしそうなところには入れず外目を選んでいきました。それに、外差しが決まりやすい傾向でもありましたからね。前に馬を置く形になった時は中途半端にせず、かえって距離を詰めてキックバックをダイレクトに受けにくい形にし、直線で外という選択をしました。いい感じで勝負どころへ向かえましたし、追い出してからの反応もありました。これならと思えましたし、ジリジリと伸びているんですけれどね…。よく頑張ってくれているし、ようやく力を出してくれたのかなと思う反面、勝たせてあげたかったと思っていただけに悔しさもあります。レースを終えて止め際でも見せましたが、追い出した時のトモにややかったるさがあったので、あのあたりがカチッとハマってくれればビュンッと良い脚を使ってくれそうです。おそらく能力はあるけれどなかなかそれが出せていなかったのだと思いますし、今回をきっかけに頑張ってくれたらと思いますし、またよろしくお願いします」(中谷騎手)
未勝利を勝ち上がってから悩ましい競馬が続いていましたが、ようやくここに来て良さを見せてくれました。繊細な面への対応に気を遣いつつも厩舎が根気強く接する姿勢と先入観を持たず能力を発揮しようと懸命の乗ってくれた鞍上の姿勢もあり、見どころあるレースをしてくれたと思います。“あそこまで行ったら勝ちたかった”と悔しがる鞍上の姿を見ていて改めてこれで満足してはいけないと気づかされましたし、今回をきっかけにしてまたさらなる前進を見せてくれたらと思います。今後についてはじっくり様子を見てから判断していくことになります。


よく頑張りました。

先週のレイリオンの口取りの時に、キャロットの永盛さんに「中谷ジョッキーに依頼をかけている」と聞いたときに「おっ!」「これは!」と思ったんだ。というのも、人も馬も最後の一滴まで力を振り絞ってゴールまで走ることがクリーブラットには一番必要としていたことで、それにはラフィアン系の中谷ジョッキーはうってつけだからだ。それに、今年に入ってからは3戦でデビュー3年目までのジョッキーが乗っていずれも遊ばれてしまっていただけに、乗り難しい馬を依頼されることが多い立場のこうした中堅ジョッキーが乗ってくれた方がはるかに期待できるのではないかと考えていたからだ。

中谷ジョッキー、ありがとう。

素晴らしかったですね。苦労人と言うとわかったような口を聞くことになってしまうのかもしれないけど、しんどい中でも最善を尽くして頑張るという、彼の生き様をまさしくレースで示してくれたのではないでしょうか。感動しました。
もちろん、パシュファイヤーを外した効果も大きかったと思います。だからいつもより余計に目のケガが心配ですけどね。権利を取ったことでようやく続けてレースを走ることができそうですから、本当にそれだけはないように願うばかりです。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment