ただただありがとうを

日曜日に出走したキルシュガイストは、11着。そして、引退が決まりました。

13日の中山競馬ではゆっくりとしたスタートになり後方から。後半勝負にかけたがジリジリとした伸びに留まり11着。
「今日は返し馬でまわりに馬がいる状況でしたし、問題なくゲート裏へ向かえましたね。レースではゲートの出がゆっくりになってしまったのですが、促して少しでも離されないように進めました。跨がっていて息遣いが気になるところはなかったですし、終いにかけて何とか差を詰めて行きたかったのですが、最後までバッサリバッサリとした動きで、手前も上手く替えることができませんでした。これだけの馬体ですからなかなか使いこなせていないのでしょうが、まだ競馬をわかっていないところもあって、スタート後に促して一旦溜めを作り、そしてまた最後にがんばるという走りができませんでした。ここまでなかなかスムーズに行かなかったところがあったとはいえ、調教から良さも感じていただけに、結果を出せず申し訳ありませんでした」(吉田豊騎手)
「体調面、脚元含めた馬体面は悪くない状態で送り出せたように思います。前走時の前半の行きっぷりとお兄さんの活躍していた舞台を考えて、ここで勝負をかけました。しかし、スタートでモコモコしてしまい、後ろからになってしまいました。ある程度の勢いがついた時の走りっぷりは悪くなかったのですが、コーナリングのときのスピードがもう一つでしたし、体とストライドの大きさから苦労していたのだと思います。もう少し競馬慣れして心身ともにしっかりしていればもっといいパフォーマンスを発揮できていただろうと思える馬でした。それでも限られた中で何とかしたかったのですが、皆様の期待に応えられるような結果を出せず大変申し訳ありません」(尾関師)
待望のデビュー戦を迎えたのが8月下旬。数少ないチャンスをモノにできるように厩舎、牧場とこの馬に関わるすべての方々の思いが詰まって臨んだ2戦でした。しかし、素質が開花する前に未勝利戦が終了してしまった印象です。心残りはありますが、2戦の内容と結果を踏まえて厳しいと言わざるを得ない部分もあり、尾関知人調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。


予想通りの結果。全くレースになりませんでした。でも何の悔いもないです。本当はないはずの2戦だったと思うんだ。もっと言えば、保証制度のなくなった今となっては、必要のない時間と労力だったと思うんだ。もう何ヶ月も前から本当は見込みがなかった。それでもそれを費やし続けてくれた空港と尾関厩舎のスタッフにはただただ感謝しかない。本当にありがとうございました。キルシュガイストもよく頑張ったね。

こういうのを見てると、変わっていく時代やルールに適合することを放棄して、後ろ砂をかけて去っていく奴って何なん?と改めて思うわ。そんな奴は淘汰されて、消えていけばいいと思うよ。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment