RATTLEKIDZ「meteor」リリースツアーファイナル当日朝

RATTLEKIDZ「meteor」リリースツアーファイナル当日。

もう時計の針が1周回った頃には宴も最中になっている時間ですが、その前に、書いておきたい想いがあるので。

リリースしてからの4ヶ月弱、計15本のライブ。行けたのは6本ですか。その中ですごく印象に残っている場面があって。それは大阪心斎橋キングコブラでのライブ中に、みぽちゃんが普通にMC中に「お客さんが全然少なくて悔しい」と、いやまぁ、ここまで直球な言い方だったかは忘れたけど、ともかくそういった内容の事を言ったんですよ。

俺ね、凄いなって思うんすよ。ガラガラのフロアに向かって、全力で歌う、全力で演奏することができるのって。お客さんがたくさんいれば、そりゃ自然とアドレナリンも出る。気持ち良くもなる。と思う。の、逆。
悔しくて、恥ずかしくて、もどかしくて、それでも全力で歌う。ライブする。バカバカしいし、「何やってるんだろう?自分」って思うだろうし、手も抜きたくなるだろうけど、そのハコのステージにはもう立てなくなってしまうだろうから、やっぱり全力でやらなきゃいけなくて。だからやるしかなくて、やる。全力でやる。

腹が据わってるなぁって思う。いわゆる、ダンコたる決意ってやつが出来てるというか。スラムダンク風に言えば。
と同時に、だからこそ、お客さんが1人でも見に来てくれるというのは本当にありがたいことなんだろうな、と。

俺はあくまでもお客さんの側だし、これまでそんな風に考えたこともなかった。「来てくれてありがとう」と言われても、「いやいや、自分が好きで見に来てるだけだから」。俺はレトルちゃんファンとしては新参者ということもあって、歓迎してもらえること、特別扱いしてもらっていることに、俺は俺で、気恥かしさや申し訳なさもあったのだけど。でも今はわかるというか、わかった気がしてる。レトルちゃんだけでなくイントッシュのツアーも同時進行的に見ていることで彼らにも教えてもらった。もちろん、これからも自分はあくまで客だし、ただ自分が好きだから行くだけだけどね。今日も。

そんなわけで、このツアーを追いかけていく中で、いっぱい勉強になりました。何より、行く場所、行く場所ですごく歓待してもらいました。だから俺は俺で「ありがとう」を、今日は伝えてきたいと思います。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment