馬よりも厩舎を買ったと言った方が正解と言うと失礼か

本日有休につき、少し時間ができたのでブログ書きます。

相変わらずクソ忙しいですが、忙しさも慣れれば時間を作れるというか、部下が頑張ってくれているのですっかり甘えてる感じで(笑)、おかげでちょっとだけ余裕が出来てきています。とりあえず、今日有休取れて良かったよ。ほんと、病むかと思った。

さて、書き残していた今年の出資馬へのコメントを書いていきましょうか。
ポチッたときの気持ちをだいぶ忘れてしまっておりますが(笑)

1459_yoko.jpg

父:ダイワメジャー
母:リリサイド
牝 栗東・安田隆行厩舎


「今年は安田隆行厩舎の馬を買う」と決めていたところにこの馬が来て、「ヨシッ!」とばかりにポチッたと言ったところでしょうか。

言うまでもないほど素晴らしい実績を残している厩舎ですし、G1ホースはともかく、フレデフォートをオープン馬にしてしまうぐらいの仕事ぶりは驚嘆のレベルなわけですけども、最終的に決め手となったのはイッツマインの使い方、ですかね。
1番人気にも推された期待馬がデビュー戦で良いところなく惨敗。普通だったらというか、今の時代の競馬なら即放牧に出して立て直しとなるのでしょうが、この厩舎はそうじゃない。もう一度使って、そこで結果を出せればいいし、ダメでも問題点をしっかり洗い出すことで改善点を明確にしてから放牧に出してくれる。これですよ。たぶんどの企業でもカイゼンをこうやってやる。ただ駒を使い回しているだけの今の厩舎経営と違ってね。だからこの厩舎は改善が早いし、逆にダメな厩舎はうんざりするほど良くならない。そういう意味で、全面的に信用していいかな、と。

ダイワメジャーの仔らしく前が勝った体形。それでいて後ろの踏み込みも深い。いいですね。血統的にも厩舎的にも短いところでこそでしょう。ダイワメジャーはマイルを超えるとサッパリですが、それより短いところなら成功例はいくつも。代表産駒コパノリチャードまでの活躍を望んでいませんが、先輩フレデフォートのようにオープンまで行けたらいいですね。

まぁでも、まずはどういう使い方をしてくれるのかが楽しみですよ。




スポンサーサイト

2 Comments

Yukey@管理人  

>firstroadさん

>毛艶ピカピカでその辺聞いたらやはり健康そのもので体質は保証付きだそうです

おっ!これは非常に良い知らせです。やっぱり健康第一ですものね。わざわざありがとうございますm(_ _)m

キャロットにおいて、「様子見」なんて言葉はもはや存在しませんね。自分はダローネガが2次募集から3週間で消えたときに、それを諦めました。欲しいなら1次で書くしかない。でも一口生活では迷ってるうちになくなった方が幸せな気もしますけどね(^^;)

2014/10/23 (Thu) 19:57 | REPLY |   

firstroad  

No title

検討に入れてた馬なのでツアーで見て来ました。毛艶ピカピカでその辺聞いたらやはり健康そのもので体質は保証付きだそうです。

うーん1次で書いときゃよかったか・・・・

2014/10/23 (Thu) 00:23 | REPLY |   

Post a comment