あっという間

8月末の現2歳馬の募集締切に合わせて入厩予定を提示するというキャロットさすがの売上向上作戦を担ったピンクブーケですが、それ以上の結果で作戦を自分のものとしてしまったようです。


9/4
4日に美浦トレセン・小西一男厩舎へ入厩しました。「先日も見に行ってきたのですが、変わりなく順調そうでしたし、美浦の気候も比較的過ごしやすいものになってきました。そのことから今週の検疫を確保し、本日迎え入れることになりました。初めての環境ですし、天栄を経由してもらったとは言え疲れもあるでしょうから、まずはゆったりと動かしていきこちらの環境に慣らしていってから徐々に調整をスタートしていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(小西師)

9/11
10日、11日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週入厩させていただいて疲れの有無、新しい環境への変化など、慎重に見るようじっくり動かすようにしていましたが、心配をよそに落ち着いて対応してくれていましたし、ガクッと来ることもなく順調に調整をスタートできています。週が明けてからも問題なさそうなので今週からゲート練習を始めたのですが、水曜日の時点でポンッと出るようになっているし、こちらも順調ですね。今日の様子も問題なさそうなので、最短で明日なり来週あたりに体調を見てから受けてみてもいいかなと思っているくらいですよ。あまり詰め込むと苦しくさせるので慎重に考えていきますが、ここまでは問題なく来ています」(小西師)

9/12
12日にゲート試験を受けて見事合格しました。「ゲート練習を開始して間もない状況ではありましたが、最初の内から良い反応を見せていて、これならば普通に受かるなと思って見ていました。おそらく今週受けても大丈夫かなと思えたので、今朝の様子を見て問題なさそうなことを確認してから受験することにしたんです。実際のところ、入り、駐立、出とすべてに置いて問題なく対応してくれてしっかりと合格してくれましたよ。センスのある馬は大概サッと受かるものですが、この馬もその部類に入るということでしょうね。入厩して1週間で最後の課題を難なくクリアするのですから大したものです。今後について決めるのは少し様子を見てからにします。進めていけなくもないと思いますが、根本的にはじっくり行ったほうがいい馬かなと言う気もしていますし、少し様子を見ながら動かしてみて、そのまま行くか、いったん放牧に出して乗り込み期間を設けてから競馬へ向かっていくか判断したいと思っています」(小西師)



まさか入厩から1週間でゲート試験合格とは。今では牧場でも練習をしているんでしょうが、トレセンに入ってからは練習もほとんどなしですからね。それであっという間にゲート合格。こんな馬はこれまで経験ないなぁ。嬉しい誤算というか、正直、驚いています。
これなら疲れもほとんどないでしょうし、出来ればこのままデビューに向かっていってほしいものですが、コメントからすると「じっくり行きたい」というのが現場の本音なんでしょうね。こういうところでこの時期の入厩が“作戦”だったことがわかっちゃうんですけども(笑)
というわけで、ピンクブーケのこの先の予定がどうなるか、今のところはわかりませんが、こんな嬉しい誤算が続く競走生活になればいいなぁと期待を抱きたくなるスタートを見せてくれました。楽しみですね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment