クリーブラットが優勝してくれました!

今日の中京2Rに出走したクリーブラットは、1着。
見事に優勝してくれました!

26日の中京競馬ではまずまずのスタートから先行集団を見る形で進める。勝負どころから差を詰めると、直線は力強く伸びて優勝。
「ありがとうございました。今日は理想的な競馬ができました。荒れた良馬場というのも適度に時計がかかってピッタリだったと思います。そういう意味でも、時計が速くなりがちな小倉の前に勝ちきれたのは大きいですね。まだまだ緩さを残していて良化の余地がありますし、今後の成長が楽しみです」(和田騎手)
「まずは勝つことができてホッとしました。兄のオレアリアもそうですが、成長に時間がかかって、ようやく馬がしっかりしてきたかなというところ。ここで勝てたことで成長を待つことができるし、さらに良くなってくれるでしょう。頑張ってくれたし、このあとはひと息入れます」(石坂師)
ここまでのレースぶりからこのクラスでは力が上なのは分かっていましたが、うかうかしていられない時期だけにまさに待望の勝利になりました。まだ良化の余地を残していますし、ひと息入れての成長を楽しみに待ちたいと思います。


レッドアーヴィングの新馬戦以来、実に約3年ぶりの一口勝利。今までもそんなに勝ってきたわけじゃないけど、あまりに勝ってなさすぎて、勝利の味も喜び方も完全に忘れていましたね。とにかく嬉しいんだけど、どう表現していいかわからなかったです(笑)

その約3年ぶりの優勝は、拍子抜けするほどにあっさりしたものでした。スタートからわずか10秒、2コーナー過ぎではもう「これで負けたらどうしよう」ってぐらいの絶好の展開に。だからこそのプレッシャーもありましたが、その後も終始理想的なレース展開で、直線を向いてグッとハミを噛んでくれたときに「お願い!」と2回叫んだ後はもうセーフティーリードが出来ていました。「勝つときは全てが上手くいく」とはまさにこのことで、前走後に「勝ち方がわからない」と言ったのも嘘のような圧勝劇でしたね。

パドックで見たときに完全に目がイッていて、“ココが勝負”スイッチを入れてきたことがわかりました。絶対に負けるわけにはいかなかった。今日勝ててなかったら…と改めて想像するとゾッとする。でも無事に勝てたから大丈夫。さぁ、思い切り休もう。次は年明け、1月の中京でいいや。出来ればその時にも勝利の女神的にうっちーに一緒に居てほしいかな(笑)
スポンサーサイト

2 Comments

Yukey@管理人  

>firstroadさん

ありがとうございます\(^o^)/
明日のコマチもfirstさんの応援に応えてくれたらいいのですが。

2014/07/26 (Sat) 22:11 | REPLY |   

firstroad  

No title

おめでとうございます、勝つ時というのは本当に全てが上手く行くものですねえ。私もこの展開なら・・・と思って見てました。

日曜もコマチお嬢さんで連勝してください!

2014/07/26 (Sat) 21:45 | REPLY |   

Post a comment