過去最大の願いを持って、決戦へ

朝になったら更新して中京へ出掛ける予定が、こんな時間に目が覚めてしまった。。
ひとまずブログを更新するが、その後寝て、起きれるかな(^^;)

でもそんな状況とは裏腹に、とにかく今日はクリーブラットにとって本当に重要なレースなのである。

23日は栗東坂路で追い切りました(53秒3-38秒7-25秒6-13秒3)。24日は軽めの調整を行いました。
「水曜日は坂路で併せて追い切りました。最後の1ハロンは13秒3と少し時計を要しましたが、全体が53秒3ならいいでしょう。コンスタントに出走してきていますから、今週1本これだけ負荷をかけられれば文句ありませんね。かなり暑くなってきましたが、体調面も変わりありませんし、あとは勝ち運があるかどうかでしょう」(杉山厩務員)
26日の中京競馬(3歳未勝利・芝1600m)に和田騎手で出走いたします。


広いコースのマイル戦、ゆったりと競馬を進められて、それでいて、上がりがかかる展開か馬場、というこの上なく狭小な、現状考えうるベストなシチュエーションが、この大一番を前に、整ったのではないだろうか。加えて、メンバーも思っていた程には揃わなかった。「まだ運は残っていたな」「これでダメなら…」それが今の偽らざる心境。小倉が合うとも思えないし、ココが叩き3戦目であることを考えても、今日がラストチャンスでしょう。

さぁ、決戦だ。過去最大の願いを持って、中京へ行ってきます。


割りと忙しいので(ライブへ行くわけじゃないのに)早々に帰ってくるつもりですが、せっかくなのでアッシュゴールドは見てから帰ってこようかなとは思ってます。
あと、今年はこれまで東海Sの日とダービーの日の2回、中京へ行ってるんだけど、いずれもユーイチさんがやらかしてるんだよね(笑)今日もやらかすのかな…。それはもう勘弁してくれ(^^;)
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment