勝ち方が見えない

今日の中京7Rに出走したクリーブラットは、2着でした。

5日の中京競馬ではいいスタートを切って好位につけるも、周りが速く徐々に位置取りが後ろに。直線は馬群を割ってジワジワ伸びたが2着。
「スタートはうまく出てくれたのですが、そこから思った以上について行けず、位置取りが悪くなってしまいました。チョコチョコした走りで完歩が小さいんだけど、直線は狭いところを割ってジワジワ伸びてきたし、力はあります。前走の内容から距離を短縮したとのことでしたが、折り合いに不安がないし、今日の前半の追走を見るとマイルぐらいでいいかもしれませんね」(福永騎手)
「前走の感じから、中京の1400mはぴったりだと思ったのですが、予想以上についていけませんでした。それでも最後はよく伸びているし、あと一歩なんだけど…。改めてマイルに向かいます」(石坂師)
距離短縮で追走に手間取ったのは誤算でしたが、直線はいい根性を見せてくれました。マイルに戻って、次こそは勝利を掴みたいと思います。このあとは馬体に問題なければ次走に向けて調整していく予定です。


2着、ですか。

言葉がないですね。今日は本当に勝つ気満々だったので。残念です。そしてただ負けて残念という以上に、どうしたら勝てるのか全く想像がつかなくなってしまったことに、絶望感すら覚えます。
外回りのスローペースの中でしか走ったことがなかったので、あの位置取りになってしまったことは理解できないでもない。でもあのポジションからなら、もっと伸びて来なければおかしいわけで。じゃあ、押していい位置を取りに行けばよかったかというと、それをやると気性的にスイッチが入るにしても、切れるにしても、終わってしまうかもしれない。

まぁ、勝てなかったら終わり、というリミットもいよいよ近づいてきてるんですけどね。

さぁ、どうしましょうか。ただ信じて待つだけ、というのは嫌いなんですけど。安定感が出て来ているようには見えたし、9月まで権利を取って、使ってを繰り返しながらチャンスを窺って、最後に一発かけてダート、というのが良い線かなぁ。

う~ん(苦笑)

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment