有馬記念の前に

中山大障害をお忘れなく。

テイエムドラゴンVSマルカラスカル

これまで一度も交わることのなかったチャンピオンハードラー同士の初対決は、オレが今年とても見たかったレースのひとつ。この2頭、同じ障害G1ホースでありながら、個性が全く異なるからおもしろい。

テイエムドラゴン
3歳でこのレースを制した「大障害の申し子」。とにかく日本一の飛越力が最大の武器。ゴールまでそれを持続できるスタミナと安定感は、条件が厳しくなるほど輝きを増す。
そして、前走の京都ハイジャンプがものすごかった。以前でも十分に素晴らしい馬だったけど、休養を挟んで、さらに凄味を身に付けて帰ってきた!

マルカラスカル
昨年、師に有終の美をプレゼントした感動ホース。新馬の頃からエイシンドーバーやブライトトゥモローといった平地重賞ウィナーと五分に走ってきたスピードが一番の長所。そして、大障害でもスピードに乗ったまま飛べるジャンプ力を合わせ持っている。
昨年同様、平地を2度叩いて本番に挑む。

そんな好対照だけど、白浜と西谷という若き(というほど若くが)仕事人が手綱を取るということ。
2人だけではなく、障害馬に跨るジョッキーには馬乗りとしての技術が本当にすばらしく、馬ときちんとコンタクトを取ることのできるジョッキーが多い。だから、普段は裏方として“プロの仕事”を見せてくれていることもまた多い。そんな彼らの晴れの舞台。そこにオレが「大障害が好きだ」という理由がある。
白浜と西谷はそのなかの代表格といっていい存在。そんな2人が初めて1、2番人気で対決する。

楽しみである。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment