一番嫌だった展開に泣く

必勝を期したアデヤカコマチは、3着に終わりました。

6日の阪神競馬では五分のスタートからすんなり好位につけてスムーズに追走。そのままいい手応えで直線を向いたが、最後はジリジリした伸びになり3着。
「追い切りなんかだとかなり力むようなのですが、レースではまったくそのようなところはありませんね。返し馬からゲートまでおとなしく、スタートからいいポジションにつけていってもすぐに収まりがついて、とても乗りやすかったです。ただ、追ってからややジリジリした脚になってしまいましたし、このあたりはもう少し経験を積みながら良くなってほしいですね。現状の力はきっちり出せていると思います」(川田騎手)
最後は思ったほどの伸びはありませんでしたが、スムーズなレース運びでしたし、いい走りはできていました。デビュー当初に見せていた乗り難しさはすっかり影を潜めていますし、実戦を経験しつつしっかりした脚を使えるようになれば楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


前走ではものすごく恵まれた部分があって、それは3着のタガノバラードが引っ掛かって行ってくれたおかげで力の無い馬が振い落されて純粋に実力になったこと、本当はジリ脚であることが発覚したものの、カバーされたことだったんだけどね。そういう意味で、今回もタガノバラードと一緒に走りたかったし、彼女が折り合ってスローに落とされることが一番嫌だったんだけど…その一番嫌だったレース展開にハマッてしまいました。スローになったら瞬発力のある馬に分があるわなぁ。そりゃ。

まぁ、もういくらでも安定して走れるということがわかったというのは大きな収穫。「前走が何かの間違いだったらどうしよ?!」って半信半疑な部分はやっぱりあったし。でも、もっと大きなものを収穫したかったよね。それができるのはいつになるかな?まだまだ安心なんて程遠いや。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment