BLUE ENCOUNTワンマンライブ@ell.SIZE(2013.12.15)

待ちに待ったライブでした。12/15、BLUE ENCOUNTワンマン@名古屋ell.SIZE。

BLUE ENCOUNTが名古屋で大人気なのは知っている。それ以前に豊橋で爆発したのにも遭遇している。そのせいか、この日のチケットは発売と同時に瞬殺。だから先行で手に入れられたのは運が良かった。なのに、ものすごく寒かったせいか、客の出足が非常に遅かったのには驚いたし、焦ったな。本当にソールドアウトしたの?って。でもしっかり満員になったところでオンタイム、ライブスタート。


<本編>
Just Awake
マキャベリズム
THANKS
Answer
NEVER ENDING STORY
No Body
misgiving
YOU

T.K.
D.N.K.
ONE
HALO
HANDS

<アンコール>
アンバランス(新曲)
Save


ジャスタウェェェイ!!!!!とまずは、いつものように。瞬間、フロアに火が着くわけですが…。どうも俺には火が着かんのよね。何だろう?このTELL MEとの違い。TELL MEだと江口さんのギターのワンフレーズだけでMAXまでブチ上がるんですけども(^^; って、いきなりこんな話から始まってアレだけどさ(笑)
2曲目がマキャベリズムなのはやる前から知ってる。ハダカノヒーローか、この曲かってぐらい。もう定番だね。抜群の安定感。だからいつも通りにこの曲が2曲目だと安心するのよ。やっぱり。
Answerは良かったなー。ライブでは初めて聴いたけど。メッセージソングだけど、ライブでより楽しくなれる曲。最初に試聴したときからそれは知ってたけどね。でも、想像以上。また聴きたい。
NEVER ENDING STORYはすっごい楽しかった。全く知らない曲だったけど、MY FIRST STORYとかとのスプリットアルバムに入ってる曲なんですね。もう、めちゃくちゃ楽しかった。いっぺんに大好きになっちゃったよ。おかげでアルバムご購入までしちゃったし(笑)また早くライブで聴きたい。今度はこの曲を知った状態で存分に楽しむんだ。
No Bodyはやっぱモッシュピットにいなきゃだね。この曲は、ぐちゃぐちゃになってこそ。大人見じゃ楽しさが3分の1も伝わらない(by SHAM SHADE)。ぜひ次回は体調万全で、モッシュピットにて。
YOUに関しては、もう言葉がないです。明らかに曲が終わっているのに、駿が「ありがと」ってそっと発するまでの数秒間、拍手すら起こさせない余韻と空気、その壮大さ。そして拍手が思い出したように起こっても、まばらという、ね。これほどまでに曲に引き込み、すべてを止めてしまった曲とバンドの力に驚愕し、震えたわ。これがこの日の大きな思い出のひとつだな。

ここで中休み的なロングMC。ようしゃべるわ。ほんと(笑)松山千春、さだまさし、アンジェラ・アキの次にしゃべると思うわ(笑)ぶっちゃけ、どうでもいい話が多かったんだけどさ。初めて名古屋でライブをして、客もほとんどいなくて、打ちのめされたエルサイズでワンマンライブがしたかったんだ、と。そんなときから「BLUE ENCOUNTかっこいいよ」って後押ししてきてくれたエルサイズのマネージャーさんに恩返しがしたかったんだ、と。そういった想いを聞くことができたのは嬉しかったな。「『エルサイズじゃなくてもっと大きなハコでいいじゃないか』って言ってくれる声は耳には入ってる。でもそうじゃないんだ。」って。そういえば、マナが前に「大阪の福島2Lineはブルエンにとって特別な場所なんだ。だからそこでワンマン見たい。」って言ってたっけ。そんなことを思い出した。きっとこの日、この場所も同じ。居られて良かった。

久々のT.K.からライブ再開。このところめっきり聴かなくなったけど、ブルエンに行き始めた頃に本当によく聴いた、その頃の中の今っぽい曲。今改めて聴くと、そんなことを思うね。聴けて嬉しかったー。
ONEもマキャベリズムぐらいライブの鉄板。ブチ上がるわー。からの、HALOへの流れ、ね。普段のライブでもよくあるパターンだけど、この流れ好きだわー。とはいえ、終演に向かっていく流れでもあるわけで。MC、いやフロアへの語りかけが始まった時には、もう終わるの?って戸惑いが隠せなかった。ここから何が始まるかは、もうわかっている。

HANDS

正直言って、駿が何を言ったか、全然覚えていないんだ。その場でもう胸がいっぱいになって、涙が止まらなくなって、ぶっ壊れちゃったからさ。まるでFREASUREツアーでゴーインマイウェイを聴いたときのようにね。いや、あの時を超えてたかも。スタートは大合唱で。でも俺は歌えなかった。立ってるだけで精一杯。泣きながら、手だけ目一杯突き上げてた。こんな34のオッサン、おかしいだろ?(笑)

アンコールでやった新曲のアンバランスは、ぶっちゃけ、特筆することはなかった気がする。Saveも、No Body同様、モッシュピットでぐちゃぐちゃに楽しんでこそ、と思ったぐらいか。申し訳ないけど、この日のHANDSの後にはもう何も受け入れられなかった。


最初のMCで駿が「自慢できる一日にしてやる」って言ってた。正直、聴きたい曲はいっぱいあって、ワンマンだからこそってことで楽しみにしてた曲もたくさんあって、でもそれらは全部やってくんなくて、だから完全に満足かと言えばそうでもない部分もあるんだけど、それは取るに足らないことだ。良いライブだった。自慢できる一日だ。

BLUE ENCOUNTの今を見た。昔の曲はほとんどなかった。だからといって、過去が消えたわけでも、過去を消したわけでもない。時を積み重ねてきての、今を。

いつだって君のその手は いつでも世界を変えれるよ
続けてくこと やめちゃダメだって そんなモンじゃないだろ? 進め!
報われないその努力は 壁を扉に変えるから

そう、その手で変えてきた今を。先輩バンドの対バンで、客が20人にも満たないライブハウスで初めて見たのは、まだたったの2年半前なんだよ。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment