希望はあるはず

アデヤカコマチのデビュー戦は、6着でした。

映像はコチラ

24日の京都競馬ではまずまずのスタートも馬任せに最後方を進む。3コーナー過ぎから徐々にポジションを上げ、直線は大外に持ち出すとやや外に逃げたものの、立て直してからはしっかりと脚を使って6着。
「ちょっと口向きが難しく、コーナーで外に張るようなところがありますから、今日は変に出して行ったり抑えたりせず、馬のリズムを大切に走らせました。離れた後方からになりましたが、4コーナーで無理なく取り付ける手応えでしたし、実際そのとおり馬なりで動いていけました。直線ちょっと外に張りましたが、制御できる範囲内でしたし、最後はしっかりと脚を使ってくれましたからね。まだ攻め切っていない段階でこれだけやれましたし、苦しい競馬をさせていないので次も大丈夫だと思います」(川須騎手)
「最終追い切りの後、金曜日にジェーンビットを試したところ、だいぶコントロールが利いたので、今日はそのハミで臨みました。ジョッキーには急かすようなレースはしないでまずは競馬を教えるつもりで、と話していましたが、そのとおりいい内容だったと思います。見ていると4コーナーから外に張ったのは心配でしたが、ジョッキーは制御できる自信を持っていたようですし、次につながるレースはできたと思います。年内もう一度使いたいと思っていますが、馬の状態を見て一度ガス抜きのために放牧に出すかもしれません」(高野師)
追い切りではコーナーから外に逃げるところを見せていただけに、大外枠での競馬に不安もありましたが、ジョッキーも調教に跨って癖をよくつかんでいただけに、思った以上にスムーズな競馬ができました。直線の脚は見どころがありましたし、一度使っての次走が楽しみです。



思っていた以上に良い馬だな、とパドックを見て、思った。
思っていた以上に出来るかもな、とレースを見て、思った。

うん。希望は、ある。はず。

追い切りからずっと川須君を乗せていたのは、そうしなきゃいけない理由があったから(コメントにある外に張る癖のことね)。その調教師の判断も正しかったし、川須君もそれを踏まえての良い騎乗をしてくれましたね。上手いこと手を使っての臨戦で、新馬戦でたかだか8番人気の馬から能力を引き出してくれたのですから、ありがたいことですよ。
もちろん、それだけ不安もあるわけで、何ら楽観できるわけではないのですけど。とりあえず「今日はこれでOK」という競馬をしてくれた。それで十分ですね。夢だったマルカコマチの子供に初戦で絶望をしなくてよかったよ(笑)

まぁ、1~2角でポツンと最後方を進むことになったときには終わったかと思ったけどな(笑)

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment