閏年の一人っ子

今回は予告通り、今年度の出資馬アトムチェリー12を紹介していきましょう。

atomcherry12.jpg

欲しかった理由はいくつもあるんですね。

1. 今年はとにかくエンパイアメーカー産駒が欲しかった
2. 関西馬に飽きたので今年は関東馬を1頭以上買うつもりだった
3. セレクトセール経由のキャロ馬は基本的に2つは勝つ
4. 誕生日が2月29日という稀有なキャラの持ち主

まぁ、決め手は4ですよね(笑)

いや、冗談でも何でもなく、本気で。ネタではあるけれども(笑)。自分としては愛せる馬が一番ですから、こういうチャームポイントって重要なんですよ。少なくとも俺は4年に1度の2/29に生まれた馬を初めて見たし、今後そういった馬が募集されることなんてまずないんじゃないかって思うしね。愛すべき唯一無二のキャラクターですよ。これは。

もちろん、内国産エンパイアメーカーは成功すると確信しているから欲していたんですし、尾関厩舎は注目していた厩舎のひとつでよく観察してきましたからね。レッドシュナイトを見ていても、レース選びも調教も選択肢を制限せずに柔軟ですよね。出資に値する厩舎だと判断しています。

そりゃケチの付けどころだってありますよ。デカ過ぎる馬体とか、8万は高すぎるとかね。現時点ですでに540キロ。これだからサンデーレーシングじゃなくてキャロットなんだろ、ってやっぱ思うもん。でもあれもこれもって欲張っても、ケチを付けても仕方ないしね。8万なら出せるし、セレクト当歳で落札した馬の金額を盛るのは諦めてるから。

というわけで、1.5次募集への参加も他クラブに手を伸ばすこともしないつもりなので、この子、アトムチェリー12が唯一の出資馬となります。一人っ子にたくさんの愛情を注いであげたいと思います(^^)そして予算から浮いたお金で新しいダンヒルの財布でも買うよ(笑)


※出資しなかった馬についてあれこれ言うのはやっぱりやめておきましょう。



スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment