響姫祭2013 後編

MISTY終わって、久しぶりにEASTに戻って(笑)SKULL CANDY。ナツイロだけでも聴ければいいやと思っていたけど、3曲聴けた。ちょうど夕暮れ時のナツイロはEASTの天井を突き抜けて、茜色の空が見えた気がしたよ。
この次はアップリ、の予定だったんだけど、気が変わって、外で休憩を。ちょうど外に出たところで明日香ちゃんに会ったのでそのまましばらくしゃべってた。疲弊し切った体でアップリに耐えられたとは思えないのでこれで良かったと思うのだけど、アンコールでカノジョをやったと聞いて少し残念ではあった。

中に戻ると、But by Fallももう終わりがけ。程なくして、暗転。いよいよメインイベントが始まる。


<I-RabBits>
1.ライトナウ
2.180
3.ハダカノヒーロー
4.スターライナー
5.ナイトドライブ
6.未来地図
7.∞ドリーマー
8.WABF
9.ユニオン
10.はじまりのハッピーエンド
11.トレジャーフォーエバー

EN.未完成なあいのうた

SEが女子の歌だったのは、やはり響く姫の祭りだからか。譲れない看板のちょっとした主張。何だかホッコリした。
でも、次の瞬間に一転。アイラビッツがいきなり爆弾を仕込んでやがった(笑)

「手ーをーひ!ろ!げ!て!」

1分!!マジかww
今思い出しても笑えるなぁ。こんなスタートありかよ(^^;)
一瞬にして火が着いたフロア。してやったり顔のマイコさん。本当にしてやられた気分だった。

ただフロアに着き過ぎた火は収まり方を知らず。180からハダカでどんどんエスカレートしていって危なかったし、疲れすぎた身体では到底耐えられそうにないから、自分は早々に身を引いた。誰かが飛んでもみんな支えてる風じゃないし、ライブが進むにつれてだんだんと飛ぶ人が減っていったのも危険を感じてたからじゃないだろうか。いくら何でもあれは危ないよ。

それでもWABFになるとピットに行っちゃうんですけどねw←

だってさ、こないだの大阪でべみが「WABFって木村茉奈って言うんすよ(・∀・)」なんて言うし、俺自身、ヤツがいないこの曲に寂しさを感じてたからね。ヤツがいる今日は、思い切りやりたかったのだよ。だからやってやった。本当にしんどかったww

ハイライトとなったのはユニオンだった。3年前の響姫祭当日、亡くなったマイコさんのお祖父さんの話。「生きてる」ってことを思い切りぶつけられた気がした。いつもなら仲間たちを想うところで、この日は18年前に死んだ母親の顔が浮かんだ。こんなことは初めてだったけど、悪くない。大丈夫。今、俺は誇りを持って生きているよ。

はじまりのハッピーエンドは最近やっと笑顔で聴けるようになったなぁ。別れの悲しみではなくて出会いの喜びを歌う歌。今ならそう言える。気がする。去年の響姫祭は一つの別れの日だった。でもこうしてまた出会えたことが嬉しかった。時間に追われていたのか、フリも余韻もなくトレジャーフォーエバーに入ってしまったのは残念だったな。あと、はじまりのハッピーエンドで一番好きなフレーズのとこで歌詞間違えたのも。

アンコールは“未完成”。ステージ脇にいた出演バンドのメンバーを呼んじゃって、こうなったら2階で見ているみんなも出ておいで!的な感じになったのに、みんな遠慮しちゃってなかなか降りて来ないという(笑)。スカッチェ女子の2人は最後まで上にいて、「うちらなんか申し訳ないけど、行こか」みたいな話し合いの末に降りてくる、というのを下から見ていた(笑)
でもって、「今だけステージ撮影OK」という無茶苦茶な展開もありつつ(笑)、ワッチューセイ!の大合唱からマスミサイル、ヨッくんのダイブで大団円となりました(笑)


響姫祭が終わって1週間が経った今、思う。

響姫祭を男バンドに開放したことに今でも反対だって人、いるのかな?

今さら言うのもアレですが、自分は当初から賛成派でした。なかなか言いづらかったので言えず、このタイミングで書くのは余計に恥ずかしかったりするのですが。というのも…ここで自分の話をさせてください。

自分は31歳で今の会社に転職しました。それまで人間関係が決定的にダメだったり、自分の能力的にどうにもならなかったり。前の会社でも社員登用されずじまい。今度の会社でダメだったら自分には何もできないということで死ぬしかない。そう思っての転職でした。だから最初の一年間は本気の本気で仕事をした、と言っても今思えばそれでもかなり甘えていたのだけど、でも人に媚を売ることも、人前でいい格好をすることも、ただただ認められるために、自分が生きていくために、躊躇なくやった。そのおかげだなんて一つも思ってないけど、なぜか巡り合わせや運が良くて、入社3年目にして少し居場所を作れたかな、と思っていたりします。

マイコさんが今年、あのときの自分と同じ、31歳なりました。

∞ドリーマーの歌詞に「もはやここまでか ぎりぎり 崖っぷち でも…」というフレーズがあります。これはこのまま今I-RabBitsが置かれている状況であり、31歳のマイコさんの心境なんだろうと、あの頃の自分とも重ねて、そう思っていました。だって、そうでしょう?新しいレーベルに移って、ここで結果を出さなければ次に契約を更新してもらえるかわからない、音楽が続けられるかわからない。マイコさん自身にしても、音楽での夢を追い続けるか、結婚をして子どもを産むか、両方ではなく女性として確実にどちらかを選ばないといけないときが数年後に来てしまう。「いつやるの?」「今でしょ!」って流行りのフレーズがあるけど、そんな形振り構っていられないI-RabBitsの一つの答えが響姫祭の男子開放、女子ボーカル限定の看板を下ろす決断だったのだと思う。だから俺は賛成だったし、キレイゴトじゃない、本気も本気のI-RabBitsを響姫祭で見たい。そう思っていた。

でも、拍子抜けするほどいつもと変わらないI-RabBitsだったね。
だけど、それが本当に嬉しかった。

今思えば、あのユニオンのMCも崖っぷちからの叫び声だったのかなと思う。追い込まれた状況、会場を拡大というリスクも背負った中で、いつもと変わらない自分たちを示すことができる。この凄さ、な。きっと俺はこのバンドをナメていたんだろう。そのことを今、大いに反省している。

来年また響姫祭が行われるのかどうかはわからない。けど、きっとI-RabBitsならやってくれると信じて。いつの日かの武道館での開催を夢見て。いつかもっともっと売れた後に「やっぱり女子ばっかりでやりたいってずっとずっと思っていたんだ」って言って響“姫”祭が帰ってきてくれることを思い描いて。

ん?そうだよ。男子解禁の決断そのものには賛成だけど、やっぱりガールズ祭であってほしいと腹の底では思ってるよ。だって俺、ガールズバンド大好きだもん(笑)



後編終了。来年に続く。
スポンサーサイト

2 Comments

Yukey@管理人  

>りなうささん

わざわざブログにコメントありがとう(^^)

ダイブしたよっくんを、「かっこいい♡」って姐さんが言ってた(笑)
お触りは…し放題で!(・∀・)←

アイラビ最高だね。最近改めて「好きだなぁ」って思うよ(^^)

2013/07/30 (Tue) 21:59 | REPLY |   

りなうさ  

何!!!よっくんダイブだと!!!んー。。触れたかった。。←(笑)
やっぱり、アイラビは、最高だ。

2013/07/30 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |   

Post a comment