I-RabBits&BLUE ENCOUNT@名古屋Electricladyland(2013.4.12)

ライブのために半休を取るってことはあっても、早退してライブ行ったのは初めてだったな。

「ゴーインマイウェイは全力で頑張っているのに上手くいかない人のための曲」
「仕事サボッてライブ行くやつのための曲じゃねぇ」
的な自分の美学があって、有休は権利だけど、早退はサボりって思ってたからさ。まぁでも、そんなものは置いておいて、これからはもっと肩の力を抜いて生きればいい、と思ったら楽になれたよ。もちろん、葛藤はあったし、仕事はちゃんとやるけどね。

会社からライブハウスへの道中は週末ということもあって渋滞もあったものの、想定ほどではなく、思った以上の早さで会場到着。うん、逆に焦ったよね。やりたい仕事、まだあったし。

会場に入ってステージを眺める。アイラビかブルエンでオープニングだと思っていたけど、ブルエンだ。セットされた駿君のギターを見ればわかる。

TELL ME
マキャベリズム
THANKS
D・N・K
HALO
HANDS

安定のセトリですね。慣れすぎちゃって、4曲終わったところでもうあとはHALOとHANDSやってお帰りですねってわかっちゃっていかん(笑)。HALOが終わった後によしお君が「GO CRAZY来ないっすかねぇ?!」って言うから「来るといいねぇ」って返したけど、うん、まぁ、HANDSだよね。←

スタートから終始、隣りのけーすけが苦笑い。「俺の知ってるブルエンと違う」って。そりゃそうだろう。1年もブルエンを見てなきゃ、フロアの雰囲気の変わりように驚くのも無理はない。ただ、TELL MEのイントロ、一音目が鳴った瞬間にフロアが沸き返る豊橋のような盛り上がりはこの日はなかったね。。。それは会場の大きさや出順の影響もあっただろうけど。あの雰囲気を俺は知っているから、ちょっと物足らない思いすらあったかな。THANKSでモッシュか左回りかはっきりしなくて、モッシュしながら左回りするハンパさもいただけません。でもこれは某仕切り屋が名古屋に来なかったせい。おい、仕切り屋、ちゃんと仕切れや(・∀・)

それにしても、うきうきがいきなり飛んでったのがww


続いて、I-RabBits。

未来地図
WABF
スターティンオーバー
未完成なあいのうた
幸連鎖
はじまりのハッピーエンド

マイコさんのソロを除けば、みづきさんのファイナル以来、実に4ヶ月ぶりのアイラビ。ライブもなかったけど、あまり行く気も起きなかった。

いろんな想いはあるよ。やっぱり。ただリーダーが脱退したというだけではない。ただプロデューサーと別れただけじゃない。それ以上のゴタゴタ感。30過ぎて、もうあまり時間もない中で、「勝負」と言えば聞こえはいいけど、明らかな逆行じゃない。何そんなにブレてやがんだ、って。もっとしっかりしてくれよ、って。思わずにはいられない。

でも、そんな想いは、ライブが始まったら全然関係なかったね。

4/1以来の未来地図始まり。記憶がフラッシュバックする。あの日と異なるのは目の前でうきうきがうなだれていること。「飛べよ」って肩叩いてやろうと思ったけど、それどころじゃない感じだった。そして俺も、相当にやばかった。忘れかけていたスイッチが久々に入った気がした。自分の中で何かが壊れていくのがわかった。

そして、WABF。この曲がテーマソングの某女子は、この日はいない。が、しかし。まるで彼女が宿ったかのようなうきうき。仕切る。促す。さっきからうきうきのことばっか書いてるけど、彼が遠征してきてくれてよかったよね。ほんと。入りでハダカノヒーローに思えて、勘違いして、マジで上がったのはご愛嬌(笑)

「今日の名古屋に相応しい曲」らしい(←)スターティンオーバー。ぶっちゃけ、何かよくわからんかったけどね(笑)。でもたまにでもこういうレア曲を聴けるのは嬉しいこと。そしてこの曲も4/1以来。あの日と比べると、今日はずいぶんといるべき人がいなかった。もはやさみしさしかない。

そのさみしさは未完成でも。俺にとって名古屋のアイラビは、ぶっちゃけ、りなちかげなんですよ!それが…それが…(泣)また一緒に見られる日を、この曲を聴ける日を楽しみにしてる。まぁ、ちかげちゃんはいましたけどね。離れたところで完全に大人見でしたので。

そしてそして、幸連鎖。何というFREASURE固め!歓喜!こういうセトリが好きなんです。ほんとに。完全に壊れた私は、すべてを忘れてモッシュしてました。疲れとか次の日仕事とかどうでもいいや。と思ってたけど、翌日になって後悔した。←

最後は新曲、はじまりのハッピーエンド。マイコソロでも聴いたことはある。個人的な好みを言えば、バンドサウンドよりもソロのスローなピアノ・ヴァージョンの方が好き。まぁでも、これも慣れだろうな。とりあえず言えることは、この曲じゃなくてI LOVE ITやFREASUREだったらこれ以上ない至高のセトリだったということだ。


アイラビ後は階段上でまったり。FUNKISTのあいのうたが好き。そして初見のEGGBRAINがカッコよかった。これでMISTYがいれば言うことなかったね。
アイラビもブルエンも次に見に行ける予定が今のところなく、新作も出た後になるので、次に見るときはセトリも大幅に変わっているはず。それが自分にとって良い方向の変化なのか、そうでないのかを判断した上で行くことになりそうだね。

繰り返しになるけど、今でも複雑な想いはある。でも、この日、仕事そのもののストレスや仕事でなかなかライブに行けなくなったことへのフラストレーションで凝り固まった心をぶち壊してくれたのは、やはりI-RabBitsだった。あんな笑い方をしたのはずいぶんと久しぶりな気がする。心の扉の開き方も忘れていた。そういうのを気づかせてくれるのは、いつだってI-RabBits。やっぱり特別なバンドなんです。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment