煮え切らないこの感じ

これこそがインパクトゲームですな!←


2/24 今野厩舎
24日の小倉競馬では先団の内々をロスなくまわり、直線でじりじりと脚を使ったが前を捕えるまでにはいかず3着。
「前回の走りが良かったので今回も同じようなイメージで乗りました。いい感じで進められましたし、勝負どころまでうまく行ったと思ったんですけどね。ただ、いざ終われるともうひとつギアが上がることなくそのままでした。ワンペース気味なのは感じていましたが、前回の今回で変化を見せてくれればと思っていたんですけれどね。相手関係にもよりますが、場合によっては逃げの手を打つのもありだと思います」(松田騎手)
前走から走りが一変しましたが短い間隔での出走がどう出るかの不安があったのも確かでした。ただし、続けて好走を見せてくれましたし、いい頃に戻ってきたのは確かでしょう。あとひと押しほしいとところもありますが、今の流れで勝ち星を掴んでくれることを期待しています。続けて使いましたのであくまでもコンディション次第で今後を決めていきます。



どうやら完全に帰ってきてくれたようですね。良くも悪くも(笑)。いつも自分の形でレースをできるのがこの馬の良さであり、その反面、決め脚がないのがこの馬の残念なところ。どうにも煮え切らないけれど、今日に限って言えば、これまで通りのインパクトゲームを見られたことに安心しました。

とはいえ、恐らく次は中京になると思うのですが、そうなるとこの馬が持ってないものを求められる条件ですからねぇ。どうすればいいのかと考え込んでしまいますよね。

まぁでも、ここまで戻ってきてくれたので、それはそれとして、いつも通りのインパクトゲームでこれからも頑張ってもらいたいと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment