愛はここにある at 大阪心斎橋JANUS(2012.3.17)

先々週の名古屋を最高の仲間たちと過ごした時間に何より幸せを感じた日とするならば、今回の大阪は、マイコさんに過去最高の幸せをもらった日として記憶されるだろう。

1. シアワセノハナ
2. ハダカノヒーロー
3. ラッキーガール
4. タバスコ
(MC)
5. スターティンオーバー
6. アイキャンエニモー
7. 愛しきお月様
(MC)
8. ユアライブ
(MC)
9. 未来地図
10. 兎飛
11. WABF
12. ユニオン
(MC)
13. FREASURE
14. ゴーインマイウェイ
15. 幸連鎖
(MC)
16. 未完成なあいのうた

en.1 愛のために
en.2 I LOVE IT


「FREASURE」ツアー・ファイナルシリーズの3本目。ただ夜勤明けで睡眠不足というだけでなく、前数日間に仕事でもプライベートでも嫌なことがありすぎて、肉体的にも精神的にもボロボロの状態で向かった大阪。かつてなく悪い体調に「最後まで保たんかもな」と不安を抱えながらライブがスタートしたときには、その苦しみの先に新たな世界を見ることになるとはまさか思わなかった。

シアワセノハナは大好きな曲のひとつ。よって、自然とスイッチも入る。この手ー!伸ばそー!大阪のお花畑も満開!!全開!!それでも「名古屋だけの特別じゃなかったのかよ」という引っ掛かりは覚えたよね(^^; いや、それは間違いなく。
ハダカノヒーローとラッキーガール…ダイバー受難の1日はここから始まった(笑)。とにかく低いわ、距離が出んわ…。飛んでもすぐに落ちるところを最前列から振り返って何度見たかわからん(笑)。ちなみに全くのブラインドサイドから飛んできたゆっぽちゃんが直撃した首筋(右から当たったのを支えた右側)は今も痛いです(笑)
そして、タバスコ!大阪スペシャルソング!サビ前の「君が君が居てくれなきゃ…」で、マイコさんが髪をクシャクシャってしてもらっちゃったー!!至福ー!!感動ー!!参戦したみんなには悪いけど、あの日一番の幸せ者は間違いなく俺だね(笑)。そういえば、この頃には疲労とかもう完全に忘れてたな。

スターティングオーバーからのパートは名古屋と同じ。福岡はスターティングオーバーじゃなくてハローグッバイそしてサンキューだったけど、基本形は変わらない。訳あってこの日は“ハローグッバイ”を一番聴きたかったんだけど、“スターティン”が鳴った瞬間に諦めた。
しかし、アイキャンエニモーから愛しきお月様、ユアライブと続く流れはやばいわ。切なすぎる。精神面がダークサイドに落ちていくもん。ユアライブのラスサビでマイコさんが歌詞を間違えたおかげでギリギリ救われたというか、帰ってきたというか。「えっ?!」って思った瞬間に目が覚めたような感覚があったよ。

大阪のハイライトはここからだな。まずはWABFで大事件勃発(笑)。「私がフッて息を吸った瞬間に、みんな入ってくるんだよ!」って、ラスサビ前にタメて、客席にフリを入れたマイコさん。そして思い切り吸い込んで頭を上げた瞬間…


上の照明に頭ガツーンwww
言わば、タライが落ちてきたかのように(笑)


この日のマイコさんにはいつにも増して神が舞い降りていたな。特に笑いの神が(笑)。その前にイノさんやミヅキさんを散々イジッていたマイコさんだけど、結局全部一人でオイシイとこ持ってっちゃった(笑)
そして続くユニオンでは、まさかのMISTYシンジ君登場(笑)。マイコさんのご指名で歌わされることにww しかもユニオンサークルの真ん中で、肩車されてwww いつもは自信家のシンジ君だけど、明らかに目が泳いでたし、声も震えてたもんな(笑)。翌日に会ったときに話したら「あんなんありえないっすよ!」って言ってた(笑)。「今日もユニオン歌えばよかったのに!」って言っておいたけどね(笑)

この日のゴーインマイウェイは過去最高だったな。マイコさんのメッセージに涙が止まらなくなって、ずっと泣いてた。ライブ中にあんなに泣いたことないよ。だから途中から自分との戦いになっちゃって、そのメッセージを今では全く覚えていないという…。記憶をもぶち壊すぐらい最高だったあの話を、ほんと誰か、要約してメッセなりDMを送ってはいただけないものですかね?(爆)


アンコールは愛のためにとI LOVE IT。もうねぇ、愛のためには大好きな曲だから嬉しすぎた。ベタ過ぎて隠し玉にならないから、やってくれると思ってなかったし。この日以来、ライブ盤のタバスコ~愛のためにの流れが俺の中で神懸かってるよ。あーいのーたーめに!!
最後に、I LOVE IT。俺はI LOVE ITで終わるI-RabBitsのライブが好き。最後はやっぱりこの曲だ。そしてこの日は、夢が叶った。最後の「I LOVE IT I LOVE IT~」のところで、フリでも手を振るでもなく、みんなで肩を組んで揺れたいって、最後に一つになりたいってずっと思っていた。それが、叶った。それも、理想以上の形で。みんなで肩を組んで、サークル作って、歌いながらゆっくり回るって、こんなこと考えてもいなかったよ。後ろを確認したときに何か楽しそうなことが起きそうな予感がして、フロアの真ん中の行こうとしたら振り返った彩香と目が合って、目で合図したら来てくれて、からくりさんもすぐ近くにいたから巻き込んで、みんなで輪になって回ったよ。本当に楽しい時間だった。あの日、あの瞬間、たしかに、愛はここにあった。愛は、大阪心斎橋JANUSにあった。そう確信している。


最後に。4/1のツアーファイナルを残すのみとなって、ようやく未来地図が真っ黒になりました。

oosaka.jpg
(写真が下手すぎて悲しい…)

次の東京を含めても全部で9箇所。う~ん。まさかひと桁しか行けないとは思わなかった。でも、行けなかったライブも多いけど、行くつもりじゃなかったのに行っちゃったときもあったから、こんなもんなのかな。
すべての場所に思い出がある。各地で出会った人がいた。思い出は宝物で、出会った人たちはもはや友人・仲間で。すべてがかけがえのないFREASUREです。本当にありがとう。

さぁ、いよいよ残すはファイナル、東京のみ。「もう全部埋まったけど、東京の分はどうするのか」だって? 東京ではもう一枚CD買います(3枚目/笑)。でもって、全8マスをアイラビメンバー4人と、ミッパンの4人(アヤちゃん、ハルちゃん、ヒロキ、ハヤト)にサインしてもらおうと思ってますよ!!!

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment