無限大の可能性を秘めた3冠馬の誕生

3冠達成のゴール後に外ラチにぶっ飛んで行く姿がいかにもオルフェーヴルらしく、またステイゴールドらしく、何とも微笑ましかったなぁ。


圧勝、完勝の3冠戴冠劇。それは、圧倒的な能力を持ったディープインパクトや破壊的な強さのナリタブライアンのときのそれとはまた違う、すべてを超えて行きそうな無限の可能性を感じさせる瞬間だったと思う。

来年は凱旋門賞、ですか。

ステイゴールド産駒のロンシャン適性は実証済み。そこにオルフェーヴルのポテンシャルを合わせれば、否応なく期待は高まる。願わくば、この後のジャパンカップと有馬記念をも勝ち、もう日本でやり残したことはなく、凱旋門賞にすべてを懸けて。

もしロンシャンでも戴冠後に外ラチを飛んでくれたなら…。もうこれ以上のことはない。
でも今は、史上7頭目の3冠達成オルフェーヴル、この偉業に敬意と感謝と祝福を。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment