マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn.1)

ネタがいっぱいあるときほど忙しい。

これはもはやお約束みたいなもんか。先週のライブレポートも、楽しみな今日のF1や明日の駅伝のことも、かわいいウチの仔たちのことも書きたいのに、全くもって時間がない。だって、今週無休だぜ?!しかも、昨日の仕事は無給で。で、明日からもっと忙しくなるとか…。

あー死ぬ。。。

せめてG1レースの予想と回顧だけでも更新。まぁ、ココが2週間以上更新されなくなったら死んだと思ってください。


【南部杯(Jpn.1)】
◎ダノンカモン
○トランセンド
▲ランフォルセ

この路線の有力馬が出て来ない、あるいは出て来ても休み明けということがわかっていたので、今回の◎はダノンカモンと前走の時点で決めていました。本格化傾向にあるものの、まだまだ能力を持て余しているぐらいの馬。この馬の本気スイッチが入るには今回求められるレベルではまだ低いぐらいだと思うが、それでもだんだんとマジメに走るようになってきていることも確かなのでね。
それにやっぱりこの特別な年のこの特別なレースの勝者というのは限られると思うのね。そしてその選ばれた人間は、福永祐一であってほしい。復興支援の特別対抗戦に参加して優勝したり、その優勝記念品を元にイベントを企画したり。より直接的な形で、多くの人の目に付き影響を与える形で、支援に盛り上げに関わってきた。その姿は本当に日本を代表する騎手であることを証明していたと思う。そしてその行動がこの特別な年の特別なレースを勝つことで報われればいいと思う。

○トランセンドは海外遠征とその後の休養を挟んで、昨年来の流れは一旦リセット。今回もこの馬よりも早い馬は出て来なかったし、自分より外に被せてくるような馬がいない枠の並びになったり、かなり恵まれているのは間違いないが、それでもリセットボタンを押したワイルドラッシュなんてそのまま終了してる可能性だって十分だと思うのでね。そもそも休み明けもこの条件も決していい馬でもない。どうやってもここまでの評価しかできない。

何かあるとすれば▲ランフォルセか。どうせ今回もゲートを出ないだろうし、そのまま腹を括って乗ったなら、久々にノリのスペシャルを見せつけられることになるかも。


スプリンターズステークス(G1)回顧。

一言で、ロケットマンをリスペクトしすぎ(合田直弘をリスペクトしすぎ、とも言う)。競ってきたら控えるコーツィーの騎乗も、そうなると反応が鈍くて追って伸びないのもロケットマンも、グリーンチャンネルの海外競馬中継で放送された過去のレースの中で見せていたものと全く同様のもの。遠征も初めての条件もスタートのやり直しも全く関係ないでしょ。たしかに日本のスプリント戦線のレベルも下がっているが、それは海外も同じで、サイレントウィットネスやテイクオーバーターゲットが活躍していた頃に比べれば、同じように下がっているんだから。いくらなんでもリスペクトしすぎだよ。まぁ、ブラックキャビアは強いけどね。

それにしても、ユーイチとケンイチがそれぞれ4コーナーと直線の入り口でロケットマンを思い切り締め上げた騎乗は最高でしたな。「This is 競馬.」競馬の醍醐味がそこにはあった。リーディングジョッキーとダービージョッキーがこういう騎乗を見せてくれる。2人はこれからの日本競馬の顔となっていく存在だから。ああいった騎乗を見せてくれたことは、本当に気持ちが良かった。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment