求む、頼りになる男

日本代表での香川は、まるでアルゼンチン代表でのメッシのようですな。

香川の裏で何度も起点を作られ攻撃を受ける様は、メッシの個人突破を止められ、カウンターを受けるたびにあたふたするアルゼンチン代表のようだった。前半は香川と駒野の距離が遠く離れ、後半も香川とボランチ2人との間には広大なスペースがあった。だからセカンドボールを全部拾われるのだ。

個人プレーとは、自由とは、組織という周囲の協力と連動があって初めて成り立つものである。1人で行っちゃう香川だけが必ずしも悪いわけではないが、良いときは良い、悪いときは悪い、では困るのだ。そういった意味で、昨日はザックが香川を真ん中ではなくサイドで使おうとした本当の意味が何だかわかった気がした。アルゼンチンほどじゃないにしても、日本代表だって所詮は寄せ集め集団。毎日一緒に練習しているクラブチームとは違うのだから。


まぁ、あれだけひどい内容の試合をしながら余裕で1点返してしまうこのチームは、やっぱ強いなぁと思いましたよ。でもその反面、そろそろ痛い思いをしておいた方がいいんじゃないのか?とも。経験豊富な選手もいる。が、それでもかなり若いチームだ。悪い試合をしたら負ける、ということしっかりと思い知ることも経験。中途半端な幸運は実は不幸でしかない。負けないことは良いことだが、このまま負けなしだといよいよ怖い。


よりわかりやすいから敢えてメッシとアルゼンチン代表で例えたが、本田不在、遠藤絶不調の日本代表は、シャヒンが移籍し、バルデスが離脱中のドルトムントと言った方が程近い。

香川に自由を与えてやることがチームにとって良いことだとわかってはいる。しかし、今のメンバーは皆、自分のことで手一杯。誰かの分まで負担を背負ってやれるほどの余裕はない。そのため香川が放つ光は消え、そしてチームの輝きも消えた。そして香川がもがけばもがくほど逆にチームの足を引っ張り、落ちていくのは、見ていて本当に何とも言えない気持ちになる。

次のタジキスタン戦に前田は間に合うのか?長友は?

お膳立てしてあげないと、自由を与えてあげないと輝けない天才肌のエースのために、「求む、頼りになる男」である。





負ける可能性がある試合だとは思っていた。けど、北朝鮮戦よりパフォーマンスがさらに落ちると思わんかったぜ…マジで。





スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment