東京サラブレッドのリストも出たー!

当ブログでは今後、外国人騎手ばかりを起用する調教師および関係者を“フジテレビ”と呼びます。というのは冗談です(爆)

どうも。U-KIさんです。

冗談ですよ。あくまで冗談ですから(笑)。ネタ以外でそんなこと言うほど公を意識していなくはないので。ね。
でも、メンディザバルごときを呼んでまで社台グループは外人を乗せたいのかねぇ?と思ってしまうわけですが。


さて、今週末は本当の本当に最後になってしまうかもしれないアルマニャックのレース。

で、皇成ですか(苦笑)

何て言ったらいいんでしょうか(笑)。川田が日曜に札幌に来るということで、「乗ってくれたらなー」って思ってたわけですがね。現状、前へ行って、腕っぷしで無理やり残すしか勝つ方法はないし、そういう意味では川田は最適なジョッキーですから。

皇成かぁ(苦笑)

あれこれ言うのはやめておきましょう。このコンビがどういう結果を残すのか。いろんな意味で楽しみにしながら(笑)、日曜日は仕事に勤しみたいと思います。


続いて、レッドアーヴィングの話を書こうと思ったんですが、書けることがあまりに何もないので来週に持ち越します。ちなみに来週の日曜札幌芝1800Mでデビュー予定となっております。

代わりに前回の更新で端折ったディアデラノビア10以下の話(ヴィートマルシェ10は除く)と、測尺が発表されての雑感を。

ディアデラノビア10
母としてのディアデラノビアにはディアデラバンデラを見たときに「父+母÷2な仔を出すんだ」という印象を持ったのだが、父がキングカメハメハに変わったこの1歳もまさしくそんな感じ。だからイメージも持ちやすい。DVDを見たときには「小さいなぁ。390キロぐらいか?」とも思ったんだけど、実際には422キロということで言う事なしだね。お母さんも小さな馬だったので身体が小さいことは全然気にしてなかったんだけどさ。

ササファイヤー10
ホワイトマズル大好きなユウキさんとしては大注目の1頭。アメリカンな母の子供という点も、ドラゴン厩舎所属というところも言う事なしです。
まぁ、馬体に関しては見た目にかなり残念というか(苦笑)、でもそれがホワイトマズルらしさだから仕方ないかと諦めるしかないというのが正直な感想(笑)。まだまだ全くパンとしていなくて身体の大きさに中身が追い付いていない印象なので、もうちょっと様子を見たいと思っているのだけど、でもホワイトマズルなら現段階ではこんなもんでしょう、これから変わってくるという希望的観測も持っております。

マチカネエンジイロ10
セックスアピールの系統にウッドマンとサンデーサイレンスを掛けたマチカネエンジイロに、シングスピール×カーリングのローエングリンを配合。どれだけ世界的名血が集まってるんだよ!という、血統表を見たら思わずヨダレが垂れてしまいそうな良血馬。ユウキさんは良血馬大好きなので、この馬がたった3万円で買えるなんて!と大変興奮しております(笑)


ドリーさん(ドリーボンズレガシー10)はサイズ的にも申し分なし。売れるだろう、これは(笑)。あとはライトなキャロット会員がこの馬をどう見ているか、だね。それ次第だ。もう9/13の中間経過の最終発表まで待つしかない。

測尺を見て、評価を上げたのはムーンライトダンス10かな。姉クラヴェジーナに大きすぎる、重すぎる印象があったので、小さく出たのは悪くない。394キロでも抜群にバランスのいい馬体。世の中的に小さいのが嫌われて人気が落ちるようなら(そんなことにまで頭を使って馬を買っているキャロット会員が数多くいるとは思ってないけどね・笑)、ディアデラが取れないと判断したときに2番目に書くことも頭に入れておきたいと思う。

なんてことを書いているうちに、東京サラブレッドのリストが出たみたい。

ほらね、やっぱ残ってるでしょ!

うん、これならキャロットで無理をする必要はない。というわけで、結論。

まずは全力でドリーさんを獲りにいきます!!!


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment