大誤算です

「大いに楽しみ」にしたいと書いた途端、8-2で負けちゃったアーセナル。

やっぱオレの負のパワー、ハンパねぇ(爆)

才能ある若者大好き“ロリコン”ヴェンゲルさん。かわいいかわいいアイドルちゃんが実はチャランポランだったりすることが多いように、才能ある選手が才“脳”ゼロであることもまた多いわけですが、今ヴェンゲルが集めている選手って、そんな選手ばっかなんだよねぇ。。。
アーセナルに今必要な選手は頭を使ってプレーできる選手、空気が読める選手でしょ。例えばこないだ書いた山田直輝や清武弘嗣のような、ね。ねぇ、ほんとにパク・チュヨン獲るの?“ザ・チャラン”じゃない(笑)。ていうか、これは

某横浜ベイが真田を獲っちゃう、みたいなネタか?(笑)


さて、前フリだけで2回も文字拡大しちゃいましたが(笑)

え~、キャロットからカタログ届きました。ざっと目を通しました。気になる馬はDVDでチェックしました。が、そのチェック馬の話をする前に(笑)

どうやら今週末に東京サラブレッドの募集馬が発表されるみたいですね。キョロットの募集開始のタイミングに合わせてそういうことをするというのは明らかに意識しているがゆえでしょう。こういう“やり合い”は大いにやってほしいものです。サービス合戦は会員に返ってくるものですからね。

では、本題に入っていきます。ピックアップしたのはこの5頭。

●問題は買えるかどうかだけ
ドリーボンズレガシー(牡・父ハットトリック)
ディアデラノビア(牝・父キングカメハメハ)


●とりあえずしばし待つ
ササファイヤー(牡・ホワイトマズル)


●後ろ髪を引かれる思い
ヴィートマルシェ(牝・ダイワメジャー)


●走る走らないを超越した趣味の領域
マチカネエンジイロ(牝・ローエングリン)


素朴な疑問なんですが、
本当にドリーボンズレガシーは人気なんですか?(泣)

現役時代に32秒台の末脚を連発したハットトリックの身体能力の高さには非常に注目していて、だからこそ最初のリストを目にしたときから「今年はこれ」って決めていたんですけどね…。その後のダビルジムのG1連勝が誤算すぎる。それがなけりゃハットトリック産駒なんて世の中的にはほとんど見向きもされなかったでしょう?もちろん、ハットトリックがキャロット馬だったことを思えば、旧来の会員間でそれなりに買いは入ったんでしょうが。

馬体には特に気になる点もなく。お父さんによく似た馬でした。お父さん自身も馬体で目立つという馬ではなかったのでこれでOKでしょう。

まぁ、とにかく。悩みは深いです。非常に不安です。非常にストレスです。ディアデラもすごく気に入ったので、出来れば両方欲しいんだけどな。でも、無理なんだろうな。どっちか、最優先に書いた方だけなんだろう。そうするともうディアデラには手を振るしかないんだろう。

あーいやだー。


とりあえず今日はここまで。まだ時間はあるので悩みます。









スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment