お金がない

欲しいものや行きたいところがありすぎて、いくらお金があっても足りません(^^ゞ

何という書き出しなんだ(笑)
どうも。U-KIさんです。

まぁ、その多くを我慢せずに満たそうとしちゃってるところに問題があるんですけども。というか、マイラーズC以来、馬券がクリーンにヒットすることがまるでないのがいかん(苦笑)。京王杯SCでシルポートが最後の一歩でストロングリターンに交わされたところから完全に流れがおかしい。それ以来、クリーンヒットどころかバットにも当たってない中日打線状態(笑)

それでもまだ一応年間プラスなのは流れが悪いことを自覚して我慢すべきところで我慢できているからなんだけど、もうそろそろクリーンヒットがほしいところ。そんな人の今週の予想。


【新潟記念(G3)】
◎プティプランセス
○オペラブラーボ
▲エオリアンハープ

◎プティプランセスは現在絶好調。この時期も新潟コースも合う。鞍上は「新潟記念と言えば…」と言える程の武士沢君。条件は揃った。ヨーイドン必至のメンバー構成で一番斤量が軽いというメリットも非常に大きいと思う。
○オペラブラーボはだいぶ好調時のパフォーマンスが戻ってきた。元々コーナリングが苦手で、右回りよりも左回りの方がいい馬。今回は自分でレースを自分好みに描けるポジションにもいる。ここは大いにチャンスでしょう。


ここからは愛馬たちのお話。

先週走ったアルマニャック君は3着。よく頑張ってくれました。勝ち馬から1.9秒も離されたのに3着で小銭ゲトとか持ち主孝行で大変よろしい(笑)
まぁでも、仕事中に結果だけまず知ったのでもう少し希望を持てる内容かとも思っていたのですが、残念ながら、レースを見たらレースぶりに何ら変化はなく。だけど、先週ダ1700未勝利の3着馬の時計を見ると、同じようにほぼ1分49秒ジャストで入線していたり…。この仔の未来に希望があるのかないのか。結局わからずじまい(笑)
ただ、来週また走れるようになったこと、これは大きな光です。さらにもう1戦あるのかどうかはわかりませんが、もうちょっと小銭を稼いでいただけると、お金がないかわいそうな人は大変助かるんですがね(笑)

さて、キャロットから1歳募集馬のカタログが発送されたようです。まだウチには届いていないわけですが、某所で配属(笑)を確認した感想を一言、モノ申したい。

なぜこの血統の馬をすぐに爆弾に火を着けるロシアみたいなとこに入れてしまうのか。

3位でも獲れると思っていたので第1希望ではないのですが、今年ぜひ欲しいと思っていた1頭がヴィートマルシェの10でした。だって、キョウエイマーチの肌(ヴィートマルシェのお母さんがキョウエイマーチ)にダイワメジャーっていう配合は最高に面白いでしょ。お互いのイメージにすごく合う。前向きで。パワフルで。でもその反面、狂気を秘めていて…っていう、ね。

どうやらヴィートマルシェの10の所属厩舎欄に書かれていた名前は「加藤征」なようです。この厩舎のロシアっぷりは、今年のイングリッドをはじめ、枚挙に暇がない。というか、今さら言うまでもない。なのに、何でキョウエイマーチの系統の仔を入れるかな。インペリアルマーチを見ればすぐにわかるように、この血統は火を着けたら最後だと言うのにね。

ムーンライトダンスの10も出来れば避けたい厩舎に決まったようで、牝馬の購入馬に関しては再度考え直さなければいけませんね。もしかしたらもう牝馬は買わないということもあるかもしれません。あーあ、ヴィートマルシェの10はコジシゲ先生を期待していたんだけどなー(本音言いすぎ・笑)。


どうやら今週初めて追い切った内容が良かったらしいレッドアーヴィングに関しては、来週の1週前追い切りが無事に終わったところで書きたいと思います。


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment