こんな競馬に誰がした

昨日付けで引退された後藤調教師が残した言葉が印象的であった。

「競馬ってもっと面白いんだよ」

具体的な言及はなかったので特に何を差して言ったのかはわからない。が、競馬の“内側”の、しかも重要なポジションに居た人間が残した発言は、我が意を得たり、という言葉でもあった。

いつからこんな競馬になってしまったのか…

競馬は本来、馬と人間という2つの異なる動物が交わることで生み出されるドラマであり、過去も未来も現在もすべてがつながった長編ストーリーであったはずだ。だからこそ面白いのであり、だからこそ感動があった。

いつから馬も人も機械のようになったのか。
いつからすべてが独立単体の単発ドラマになったのか。

例えば、天皇賞のナムラクレセント。

ナムラクレセントは引っ掛かる馬である。昨年小牧が乗っていた頃はかなり手を焼いていた。それが和田に乗り替わってからは、手が合うのか、競馬が上手になった。そこに充実期が重なって迎えた天皇賞だった。
最大のチャンスだったのは間違いない。だから、あのマクりのすべてを否定するつもりはない。目の前のチャンスをモノにするためにすべてを懸けることも必要だ。そんなことぐらい、よくわかっている。しかし、あのマクりによってナムラクレセントは多くを失った。宝塚記念でスタートからガンガン行ってしまったのは紛れもなくそれに起因する。今後、ナムラクレセントが普通に競馬できる日が戻ってきてくれるだろうか。

例えば、伊丹ステークスのインペリアルマーチ。

インペリアルマーチは爆弾を抱えた馬である。ものすごい才能の持ち主なのは間違いない。弱点が多すぎるため、走れるポイントが点でしかない。そしてその弱点を少しでも克服するため、その“点”を敢えて避けて競馬を教えてきていた。
それを台無しにしたのが伊丹ステークスだった。出遅れ、揉まれるのを嫌って強く押して行って、ガンガン行きたがる。ぶっちぎりで勝ったレースではあったが、同時に、過去に乗ってきたユーイチや松岡の努力が泡と消えたレースだった。続くコーラルステークスではユーイチの120点の騎乗によって昇級戦で2着と結果を出したが、アルハテケステークスでは爆弾を爆発させての大惨敗。今はその後遺症を考慮して休養に入っている。

今、その瞬間にオイシイ思いをするために、過去も未来も、人も馬も、簡単に否定される。だからすべてが切り取られ、つながりが失われる。それによって感情も捨て去られる。今の競馬の薄っぺらさ、味気なさのすべてはそこにある。

こんな競馬に誰がした。

開催中の函館競馬を見てもマクり競馬が本当に多い。スローペースのレースは見た目につまらないと言えばつまらないが、マクり競馬は内容的につまらない。結果しか残らないからだ。それが本当に寒い。

結果を求められていることはよくわかる。大きなお金が動いていて、そのお金で生活している人たちがほとんどだ。目先の結果=お金のために必死な気持ちは、当然理解できる。それを否定することで、「じゃあ、お前がカネ払ってやれよ」と言われても、自分にはそれをしてあげることはできない。

だが…。

競馬ってもっと面白いものなんだよ。そんな思いが改めて湧き上がって、消えない。




さて、否定しまくった後に、最後にひとつ、ちょっといい話を。

今週の日曜に新潟でデビューするメイショウグラハム、この馬にちょっと注目してあげてほしい。メイショウサムソンやメイショウバトラーが第一線で活躍していた2、3年前、松本オーナーがセレクトセールで敢えて選んだかのように非社台の上場馬を何頭も競り落としているのを見て(おそらくそうしていたのだろう)、「この人はこういうお金の使い方をするのか」と本当に感心し、敬意を抱いたものである。
メイショウグラハムはそのときの1頭。この馬が活躍し、また同じようなお金の巡りがなされたなら…。そう思うと、今よりちょっと競馬が好きになるような気がしますね。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment