安田記念 2011

保田記念ではなく安田美沙子記念です(爆)
ボーナストラック、行くぜぇぃ♪


【安田記念(G1)】
◎シルポート
○アパパネ
▲ジョーカプチーノ

1600→1400と200Mの距離短縮ローテだった前走の京王杯。シルポートにとってはどうやら最も重要な200Mを奪われてしまったようだった。結果、レースは単なるスローペースの上がり勝負。それはシルポートの望むところではない。にもかかわらず、ほぼ勝ったかのようなパフォーマンスを見せたことに今の充実ぶりを見た気がした(まぁ、上がり勝負なんだから逃げ馬有利なんだけどね)。

シルポートのレースとは、ラスト4ハロンから(正確にはラスト900~700Mにかけて)ペースを上げてのスピード&体力勝負。そしてそれは、サンデー系の馬たちが望むレースではない。

興味深かったのは金鯱賞だ。そのレースラップがココにある。
12.6 - 11.4 - 12.6 - 12.8 - 12.4 - 12.5 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 12.8

シルポートと同じ小牧さんが乗り、シルポートと同じようなペースで逃げたキャプテントゥーレが、体力に勝るルーラーシップにきっちりと差し切られた。もちろん、苦しくなったのは道悪の影響も大きかっただろうが、やはりサンデー系はラスト4ハロンからペースを上げてしまっては苦しい、3ハロンでの勝負が望ましいということだろう。

次に、シルポートがシルポートのレースをできる検証すべく、小牧さんが乗るようになって以降のレースで2番手で競馬をした馬とその騎乗者に注目してみた。

ファイナルS=シャイン(幸)
京都金杯=ガルボ(池添)
東京新聞杯=ファイアーフロート(津村)
大阪城S=コロナグラフ(国分優)
マイラーズC=クレバートウショウ(岩田)
京王杯SC=ジョーカプチーノ(福永)

シルポートが崩れているレースでは未熟なジョッキーが2番手に付けていることがわかる。逆に、シルポートが結果を残しているレースではきちんとペース判断ができるジョッキーがその位置にいることも同時に見えてくる。彼らはシルポートに合わせて走ると自分の馬が苦しくなってしまうためにそれをしていない。それがシルポートをも楽にしてしまっているのだけど。

明日の2番手もジョーカプチーノとユーイチさんか。ならば、今回はシルポートが自分を表現できる。正直なところ、この馬が本当にオイシかった時はもう過ぎてしまっていると思うが、そこはボーナストラックということで、残りの旨味をしっかりと吸い尽くしてやろうと思う。

相手候補として最も気になる存在はジョーカプチーノ。シルポートが走ったレースではマンハッタンカフェ産駒が一緒に馬券になっているんだよ。ガルボ、ダンツホウテイ、そしてジョーカプチーノ。異なる馬で3頭もサンプルがあるのなら、これはきっと偶然ではないんじゃないんじゃないかな。


スポンサーサイト

2 Comments

U-KI@管理人  

No title

>ニセ掃除係さん
人が変わればそれに合わせて変わりますよ(笑)

2011/06/05 (Sun) 08:00 | EDIT | REPLY |   

ニセ掃除係  

No title

あ、遂に変換が普通になったのか?(笑)>安田記念

2011/06/05 (Sun) 00:58 | EDIT | REPLY |   

Post a comment