雨が降るほどにその金色は輝く

10日ぶりの更新です。

更新しなかったのは特に何かあったからではなく。やる気がなかったわけでもなく。単に焦らしていただけです(爆)。1日で200回ブログ更新するスーパーアイドルもいるのに何やってんだ(笑)

とはいえ、先週はかなりどんより過ごしていました。仕事があまり上手くいっていなかったというのもあるのですが、それ自体は大したことなく、ただ疲れて帰ってきて食うカレーが美味くなかったのがとにかく気分を沈めてくれた。

それにしても、あんな美味くねーもの、初めて作ったわ。しかもカレーが美味くねーなんてビックリする。カレーを不味く作るなんて、考えられないでしょ。普通。それもこれも全ては肉が美味くなかったせい。今度からは中途半端なアメリカ豚なんか使わないで、ちゃんとそれなりの国産豚を使います。実家近くのスーパーのお肉屋さんに買いに行かなきゃね。


さて、ダービーウィークに突入したわけですが、今年の日本ダービーにはフランキー・デットーリが騎乗するのだそうで。

最初聞いたときは「絶対ウソ記事(笑)」と思わず言ってしまったのですが、どうやら真実のようですね。まぁ、「デボネアなんて典型的なサンデー×サドラーでボーンキングみたいなもん」「タフな馬場になった皐月賞が4着ならあれが限界」と思ってる人間としては、「フランキー騎乗で3、4番人気にでもなってもらえるようなら儲けもん」が本音だったわけですが…

今週1週間、全部雨予報かよ(苦笑)

デザーモが乗ったボーンキングが道悪のダービーで4着だったことを含めても、その辺が限界のような気はするけど、ちょっと気持ち悪くなってきたことは確か。でも、今、雨競馬といえばコレですから。

「雨が降ったらステイゴールド」

もう金言と言ってもいいくらい。今もっとも旬でお金になる馬券術。その成功例は枚挙に暇がなく、昨日の京都競馬でも2頭のステイゴールド産駒が勝っていましたね。これはきっとダービーでも有効だと思うし、おそらくオルフェーヴル(通称:オル平)が1番人気に応えて勝つでしょう(笑)

それに!何と言っても、ステイゴールドはフランキーに滅法強いですから(笑)。シーマクラシックと香港ヴァーズの勝利はどちらもゴドルフィン馬をハナ差下してのもの。この対フランキーとなったときのステイゴールドの勝負強さはきっと子供たちにも受け継がれているはず。よって、今回のフランキー来日はステイゴールドの踏み台になると見た(笑)


オークスとヴィクトリアマイルの回顧。

といっても、オークスに関しては、はっきりいって何もない。むしろ、それぞれのレースぶりに理由付けして、それを今後のレースでの予想に生かそうとしようものなら、逆にいろんなものがズレてくるような気がする。都合のいい要因を無理やり探してくることは、そのためだけの行為でしかない。よって、自分は考えることを止めました。あ、ただ、ホエールキャプチャがゲートの中が悪い馬で阪神JFとクイーンC以外は出遅れてることをすっかり忘れていたのは大いなる反省点でした。それだけ。

ヴィクトリアマイルは女王同士の素晴らしいレース、熱い対決でしたね。その2頭に真っ向勝負したレディアルバローザ、大健闘のグランプリエンゼルにも拍手を送りたい。でも、そこまで。8着以下の馬たちは、ハンデ差もあることから、マーメイドSでは問答無用でパールSの上位6頭より下の評価とします。7着アニメイトバイオもトップハンデだろうから出来れば買いたくないな(アンシェルブルーとスプリングサンダーは出走してこないだろうから除外して話してます)。


ちなみに、個人的にはフランキーのダービー騎乗よりも、キリンカップの主審にハワード・ウェブの方がテンション上がりました(爆)


スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment